香川県坂出市北部の古墳


千人塚古墳

 県史跡。坂出市沙弥島、ふれあい会館の裏山にあり、今は地続きですが、本来は島嶼の古墳です。瀬戸内海を望む断崖上に築かれた一辺約12mの方墳で、列石を二段に巡らせています。主体部は竪穴式石室ですが、墳丘の東から南にかけて、8基の小石棺、石室群が付随しています。

瀬戸内海を望む断崖上に立地

東側の1、2号遺構。石を方形に並べている

竪穴小石室群

南側の5号墓、唯一の横穴式石室?

沙弥3号墳

 坂出市沙弥島、ふれあい会館の「下」にあります。横穴式石室が完全に露出していて、建物が古墳を避けるように設計されています。全長6m、幅1.5mの規模で、内部は半分以上埋まっています。未調査のため、詳細は不明ですが、製塩業に携わった一族の首長墓ではないかと考えられています。近くに2号墳があるはずですが、見つからず。

ふれあい会館の下にあります

正面から

石室内部

 

 

白石古墳・タンポの石棺

 坂出市沙弥島、ふれあい会館から東へ500m行くと、廃校となった沙弥小中学校があり、その奧の海岸が県史跡の沙弥ナカンダ遺跡です。縄紋〜中世の複合遺跡で、弥生から古墳時代には製塩がさかんに行われた場所です。かつては柿本人麻呂も立ち寄ったと言われています。海岸の北側の山の尾根筋に沿って遊歩道があり、その中間あたりに白石古墳があります。墳丘はかなり流失し、横穴式石室も天井石が落下した半壊状態です。全長5m、幅1.3mくらいの規模です。100mほど北の海を望む断崖上に、小さな組合せ式石棺があり、タンポの石棺と呼ばれています。

白石古墳石室正面より

白石古墳玄室

タンポの石棺

瀬戸大橋を望む沙弥ナカンダ浜遺跡

爺ヶ松古墳

 坂出市西庄町、国道11号線バイパスの切通しの北側尾根上にあります。農道で墳丘の南側が崖っぷちになっていますが、全長49m、後円部径25.5mの前方後円墳で、後円部は積み石の二段築成、前方部は盛り土で築かれ、バチ形に開いています。後円部の中央には竪穴式石室が天井石を失って露出、5.7×1×1.3mの規模で安山岩を小口積みしています。

後円部の竪穴式石室

竪穴式石室内部

ハカリゴーロ古墳

 市史跡。坂出市西庄町、爺ヶ松古墳の北200mの丘陵ピークにあります。全長45m、後円部径25.7m、前方部幅11m、長さ19.3mの前方後円墳で、すべて積石で築かれています。後円部に安山岩板石で築かれた竪穴式石室があるそうですが、現状では、薮に覆われてよくわかりません。爺ヶ松古墳とともに前期の早い時期に交通の要衝に築かれた首長墓です。

果樹園のすぐ隣りにある

積石の状況

 再訪して後円部の竪穴式石室を確認してきました。3.7m×0.9m×1mの大きさで、安山岩の板石で築かれていますが、西側が大きく破壊されています。天井石は8枚で、貝殻が付着しており、海岸部から運ばれたことが分かります。第2主体の小型竪穴式石室は消滅しています。前方部にも盗掘されたような跡があります。

後円部の竪穴式石室

竪穴式石室内部

前方部の盗掘坑

後円部の積石

サギノクチ出土石棺

 坂出市加茂町サギノクチの道路改修工事で出土した石棺で、現在、坂出市郷土資料館の敷地内に移転復元されています。安山岩の板石を使用した組合せ式箱式石棺で、内法寸法は1.95×0.35〜0.28mです。

 


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system