香川県坂出市南部の古墳


穴薬師(綾織塚)古墳 【管理人推薦】

 市史跡。坂出市加茂町、烏帽子山の砕石場へ向かう道路の北側斜面にあります。墳丘はかなり流失していますが、径20mくらいの円墳と思われます。大型の横穴式石室が開口。全長13.1m以上、玄室長4.9m、幅2.5m、高さ2.8m、羨道長8.2m以上、幅1.8m、高さ1.9mの両袖式で、内部はすっかり、信仰の場と化していますが、比較的保存状態は良好です。「日本の古代遺跡」では複室構造となっていますが、現状では良く分かりません。羨道右側壁の中央付近の電源スイッチの付く石材は、表面が平滑に磨かれ、線刻が描かれています。良く分かりませんが、木の葉紋とされています。近くにある醍醐古墳群とともに、香川県でも有数の巨石墳です。

石室正面

玄室奥壁

奧から

右側壁材の線刻、木の葉だというが・・

山ノ神古墳群

 

 坂出市加茂町、烏帽子山の南の麓にある鴻池西側に分布しています。1、3号墳は石材がわずかに残る程度ですが、2号墳は、横穴式石室が残されています。奥壁側が開口、全長5m、幅1.8mほどの両袖式で、床面はかなり埋まっています。左側壁の石材に木の葉と家屋の線刻画が描かれています。

1号墳

3号墳

2号墳

2号墳玄室奧から

2号墳左側壁の線刻画(家屋?と木の葉)

2号墳左側壁の木の葉紋

木の葉塚(サギノクチ1号墳) 【管理人推薦】

 市史跡。坂出市加茂町1688-1、鴻池の南側の土手を東へ進むと、池の中に、鴻ノ池1号墳の石室が水面上に露出しています。

 

 さらに進むと、池の東側に案内標識があり、その先の林の中にあります。径10m以上の円墳で、横穴式石室が南に開口。玄室長4m、幅1.8〜1.4m、高さ2.15m、羨道長3.2m以上、幅1.5mの両袖式で、羨道は上部を失っています。羨道から玄室にかけての側壁、奥壁に木の葉、船、家屋など多数の線刻画が描かれています。

石室正面

玄室奥壁

玄室奥から

玄門下部の「木の葉と家屋」

羨道左側壁の「木の葉」

奥壁上段の「船」

新宮古墳 【管理人推薦】

 市史跡。坂出市府中町新宮、JR讃岐府中駅すぐ南側の丘陵先端、墓地の隣にあります。径20mほどの円墳で、横穴式石室が南に開口。全長9.5m以上、玄室長5.5m、幅2.5m、高さ2.5m、羨道長4m以上、幅1.8m、高さ1.8mの両袖式で、醍醐古墳群、綾織塚古墳に匹敵する巨石墳です。羨道はかなり手前にまで石材が散乱していて、本来は複室構造だったと考えられています。

石室正面

羨道は上部が失われている

玄室奥壁

奧から


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system