愛知県豊橋市・境松遺跡

三世紀前半、東三河最古の方墳見つかる


境松遺跡(愛知県豊橋市牟呂町) 

 現地説明会2010年03月14日/豊橋市教育委員会(美術博物館)

 境松遺跡は弥生時代から戦国時代までの複合遺跡です。区画整理に伴う調査で三世紀前半の方墳が発見されました。一辺10mで盛り土はすでに失われ、埋葬施設も消滅していましたが、周溝が綺麗に残っており、溝から加飾壷などが出土しました。ほぼ完形で、穿孔されており、墳丘に置かれた祭祀用の土器が周溝に転落したものと思われます。

三世紀の方墳

方墳から出土した加飾壷

弥生末期の方形周溝墓


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system