兵庫県篠山市北部の古墳


上筱見古墳(中森古墳)

 篠山市上筱見。百萬石酒造株式会社丹波工場の東100mの集落内にあります。保育社「日本の古代遺跡」では中森古墳とされています。墳丘はすでに失われ、薮に覆われた横穴式石室が露出しています。石室内部に笹が茂り、羨道部が崩れているので、内部構造が良くわかりませんが、全長9.5m、玄室長4.5m、幅1.5mのわりと大きな石室です。

石室正面側

玄室内部

露出した玄室部

エガ谷古墳

 篠山市下筱見。福井地区との境の山麓斜面に広い墓地があり、その西側に隣接しています。径12mの円墳で、主体部は全長6mの横穴式石室ですが、現在は開口していません。墳丘は荒れていて、かろうじて石室石材らしいものが見えています。

墳丘の現状

石室の一部か?

大百合古墳群

 篠山市福井。上記の墓地の右奥から、猪避けフェンスを越えたあたりの尾根筋に5基の円墳からなる大百合古墳群があります。うち、もっとも上部にある5号墳の横穴式石室だけがわずかに開口しています。径12mの円墳で、全長8mの片袖式です(袖方向は不明)。

5号墳石室、天井部がわずかに開口

5号墳石室内部

坂本古墳(坂の下古墳)

 篠山市福井坂本。谷間の集落の民家の庭に横穴式石室が完全に露出していて、径10mの円墳といわれていますが、多分もっと大きかったでしょうね。外見とは違って石室内部はけっこう保存が良く、全長8mくらいです。

石室正面

石室側面、完全に庭園の一部と化している

玄室奥壁

玄室奥から

福井四ノ宮1号墳

 篠山市福井四ノ宮。坂本古墳の一つ東の谷間の民家裏にあります。径15mの円墳ですが、墳丘はかなり流失し、横穴式石室が露出しています。石室内には土砂が複雑に流入しているため、歩きにくいですが、全長6.5m、幅1.8m、高さ2m以上の無袖式で、そこそこの規模です。

石室正面

石室内部、土砂が複雑な起伏を作っている

土砂を乗り越えて、ようやくたどり着く玄室奥壁

玄室奥から

三の宮古墳群(大芋古墳群)

 篠山市中。大芋小学校の裏山尾根先端部にあり、小学校の東の駐在所の横から、登り道があります。300mくらい登ったヘアピン状の道路脇に2号墳の石室が露出しています。径12mの円墳ですが、半壊状態で、石室内部はかなり埋まっています。道を登り切ると、給水施設のような場所があり、そのとなりのピークに4号墳があります。というより、4号墳の墳丘が一部破壊されているようです。径14mの円墳で、石材が少し見えています。南側へ尾根を下っていくと、尾根筋が二つに分かれていて、左のほうに3号墳があります。径15.5mの円墳ですが、低いマウンドが残っているだけです。右側の尾根を進むと、1号墳(旧称大芋8号墳)があります。径17.3mの円墳で、横穴式石室の天井石が露出しています。群中では、最も石室の保存状態が良く、全長9.7m、玄室長3m、幅2.5m、高さ2.2m以上の両袖式です。

2号墳石室正面

2号墳石室奥側より

4号墳

3号墳

1号墳

1号墳石室内部

一の宮古墳群

 篠山市中。三の宮古墳群の東500mにある一之宮神社周辺に分布する6基からなる群集墳です。石段の西側に最大の1号墳があります。径13mの円墳で、半壊した横穴式石室の天井石が露出しています。推定全長10m、玄室長4.6mの規模です。石段の東側には径10mの円墳の2号墳があります。社殿の背後の谷間に3〜6号墳がありますが、名称はとりあえず仮称です。東端の3号墳?は径11mの円墳で、横穴式石室の石材が一部露出しています。5号墳?は石材を抜かれたような跡がある径7mの円墳です。

1号墳

2号墳

3号墳

5号墳


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system