兵庫県篠山市小立の古墳


 篠山市小立地区の集落の北端にある長福寺から西に入っていく谷間を境にして、北側の尾根の南斜面に岩井山古墳群、南側の尾根筋に谷田山古墳群が分布しています。長福寺の前に案内板がある岩井山古墳群は円墳9基からなり、主体部はすべて横穴式石室です。中でも3号墳は石棚をもつ石室が残されています。長福寺のすぐ南から登っていく谷田山古墳群は現存5基で、うち3号墳は前方後円墳、地蔵山古墳は、篠山でも有数の見事な巨石墳です。
谷田山古墳群

 地蔵山古墳 【管理人推薦】

 長福寺からすぐ南の山道を少し登った山裾の斜面に巨大な石室が開口しています。径12mの円墳で、側壁は巨石を四枚縦置きにして一段積みで構築し、天井石は二枚、羨道部は失われていますが、現存長5.4m、幅1.8m、高さ2mほどの無袖式です。出土遺物は不明ですが、七世紀初め頃の築造と見られます。

斜面に石室開口

石室正面

玄室奥壁

玄室、奥から外

 谷田山1〜4号墳

 地蔵山古墳から尾根の頂部まで登ると、3号墳があります。全長23m、後円部径13mの前方後円墳で、前方部を西に向けています。墳頂には石材を抜いた跡があり、主体部は横穴式石室と考えられます。尾根伝いに進むと、すぐに4号墳があります。径15mの円墳で、主体部は不明です。4号墳から南の尾根筋を降りていくと、中腹の左手の方に2号墳の石室が見えています。斜面に築かれた径9mの円墳で、横穴式石室は全長5.3mの無袖式です。その少し東に1号墳があります。径8mの円墳で、横穴式石室が開口。全長5.5mの無袖式で、入口が少し埋まっています。2号墳とほとんど同じ規模ですが、1号墳のほうが、やや持ち送りが少ない感じがします。

3号墳、前方後円墳

4号墳

2号墳

2号墳、石室奥壁

1号墳

1号墳石室奥壁


岩井山古墳群

 1、2号墳

 1号墳は、山林内に入って、最も西にあります。径7mの円墳で、横穴式石室は内部がかなり埋まり、西側の石組みが露出しています。幅1.5m、高さ1.4mほどの規模です。2号墳は1号墳の隣り、山林内に入って最初に目に付く古墳で、石室前が崖になっていて、崩壊寸前です。径8mの円墳で、横穴式石室は現存長3.5m、幅1.3m、高さ1.2mの無袖式です。

1号墳石室正面

1号墳、石室西側の露出した石組み

2号墳

2号墳石室内部

 3号墳

 2号墳の上にあり、径9m、群中最大の円墳です。横穴式石室も最大で、全長6.87m、幅1.4m、高さ1.7mの無袖式で、奥壁には長さ0.7mの石棚を設けています。天井が奥にいくほど高くなっています。羨道が少し崩壊していますが、保存状態はまあまあです。

石室正面

玄室奥壁、石棚が大きい

 4〜7号墳

 4号墳は3号墳の上にあり、径9mの円墳です。横穴式石室は羨道部が崩壊していますが、玄室は良く残っていて、全長5.25m、幅1.27mの無袖式です。5号墳は、2号墳の東にある径7mの円墳です。崖っぷちに石室が開口し、内部がかなり埋まっていますが、全長4m、幅1mの無袖式です。6号墳は5号墳の上にあり、径8mの円墳で、横穴式石室は羨道部が埋まっていますが、全長4m、幅1.1m、高さ1mの無袖式です。7号墳は6号墳の上にある径8mの円墳です。横穴式石室は比較的保存の良い方で、全長5.7m、幅1.6mの無袖式で、天井石も四枚残っています。

4号墳石室正面

4号墳玄室奥壁

5号墳

5号墳石室内部

6号墳

6号墳石室内部

7号墳

7号墳石室内部

 8〜10号墳

 8号墳は、7号墳の上にありますが、径4mの円墳で石材が露出しているだけです。9号墳は、そのかなり上方にあり、巨石が露出していますが、古墳かどうかは不明確です。10号墳は、5号墳の東の谷間にあり、小型の横穴式石室の天井部が開口しています。全長3.8m、幅1.2mの無袖式です。

8号墳

9号墳

10号墳

10号墳石室内部


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system