宮城県仙台市太白区北部

 


兜塚古墳

 仙台市太白区根岸町の仙台南高校敷地内にあり、道路に面しています。本来は全長75mの帆立貝式古墳ですが、市道で前方部が削られてしまっています。発掘調査で馬蹄型の周溝が見つかっています。主体部は未調査ですが、五世紀後半頃の築造とされています。

 


大年寺山横穴群 【装飾古墳】

 仙台市太白区向山四丁目、国道4号線南側の民家の裏山にあるはずですが、現状は擁壁となっていて、かなり破壊されているようです。11号墓に赤色彩色で屋根などが表現されているとされています。民家の裏庭にようやく1基の横穴墓らしいものをみつけました。

おそらく消滅

横穴墓?


愛宕山横穴群 【装飾古墳】

 仙台市太白区向山四丁目、大年寺山横穴群の北西、国道4号線から西方向に広瀬川に面して東西に細長い愛宕山があります。その北側の川に面した崖面と南東に33基確認されています。北側の横穴墓はかなり崩落していて、高い位置にあるので見学は困難です。左の方に入口を塞がれた横穴墓があり、内部を覗くことができます。

北側の川沿いの支群

すぐ下より、かなり崩落している

状態の良い横穴墓内部

 愛宕山の東側、国道4号線沿いにあるビッグボーイの前に装飾横穴が保存されています。横穴墓は現在地下にあり、その上に覆屋を設けていますが、内部は見学できません。横穴墓はほぼ2m四方の大きさで天井はドーム状。奥壁に赤い顔料で、円に十字を加えた紋様などが多数描かれていました。

説明板の後ろに覆屋がある

装飾の図


三神峯古墳群

 仙台市太白区三神峯一丁目の三神峯公園内にあり、2基の円墳が並んでいます。1号墳は径17m、2号墳は径15mの大きさで、出土した埴輪片から五世紀後半の築造とされています。最近の調査で1号墳の南西に3号墳が見つかりました。

1号墳

2号墳、奧に1号墳


金岡八幡古墳

 仙台市太白区長町七丁目、ザ・モール仙台長町の北側にあります。径15mほどの円墳と思われますが、現在、墳丘上に八幡神社が建てられて、かなり改変されているようです。

 


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system