群馬県昭和村・渋川市の古墳


御門塚古墳(森下古墳群)

 昭和村森下の片品川沿いの段丘上にあります。墳丘ははとんど流失し、わずかなマウンドが残る程度です。

 


いなり塚古墳

 市史跡。渋川市旧赤城村樽のいちご団地近くにあります。利根川段丘上に築かれた径20mほどの円墳で、横穴式石室が開口しています。入口は閉ざされていますが、保存状態は良さそうです。推定全長5m、幅1m、高さ1.7mくらいの細長い無袖式石室です。

石室開口部

石室内部


中ノ峯古墳 【管理人推薦】

 県史跡。渋川市旧子持村北牧1596、若子持神社北側の台地先端にあります。六世紀中頃の榛名山二ツ岳の噴火軽石層(FP)によって埋没していたため、ほぼ完全に築造当時の姿が残されていた希有の古墳です。径12mの平坦面の上に径9mの円錐台状の墳丘がのる円墳で、周溝が巡ります。横穴式石室は全長5.06m、幅0.86m、高さ1.2mの無袖式で細長く、初期の横穴式石室の形態を残しています。石室内からは成人男子2、成人女子1、幼児1、乳児1個体分の人骨が発見されました。古墳は榛名山二ツ岳の最初の爆発に伴う火山灰(FP)の上に築かれていて、六世紀中頃に築かれ、六世紀末まで追葬が行われたと考えられます。昭和54年に発見されたときに一部破壊されたのが惜しい!

きれいな円錐台状の墳丘

石室正面

石室奥壁

石室奧から外


金井古墳 【管理人推薦】

 渋川市史跡。渋川市金井2501、金島小学校から南の山中へ500mほど登っていった南斜面に単独で存在します。榛名山の爆発でできた軽石層を切り開いて築かれた径14mの円墳で、天井石を失った横穴式石室が露出しています。玄室長2.3m、最大幅2m、高さ2.1m、羨道長2.8m、幅1.2m、玄室は胴張り状で持ち送りがあり、奥壁は三段積み、玄門は切石を組み合わせています。羨門も切石を並べ、その前に前庭があり、正面から立派に見えるように造られています。コンクリートで補修されていますが、どの方角から見ても絵になる石室です。

正面から見ると立派に見えます。

玄門

胴張り、持ち送りのある玄室奥壁、カーブが美しい

石室奧から

虚空蔵塚古墳 【管理人推薦】

 群馬県史跡。渋川市元町123、県道35号線と33号線の丁字路交差点のすぐ西にあります。榛名山二ツ岳の爆発による軽石層(六世紀後半)の上に築かれた径13mの円墳です。截石切組積みの横穴式式石室は玄室長3.1m、幅1.4m、高さ1.9mの両袖式で、玄門部は上下左右に切石を巧みに組み合わせ、扉石をはめ込むための溝が加工されています。羨道はなく、玄門の前にいきなり前庭部がハの字状に広がっています。七世紀末の築造と思われます。

石室実測図

石室正面

玄室奥壁

玄室天井、真平らな天井石


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system