滋賀県大津市(旧志賀町)の古墳


石神古墳群

 

 志賀町小野の住宅地周辺に4基残っています。2号墳の前に説明板があります。石神神社の小さな祠の裏あたりが1号墳で、横穴式石室の下半分が残っていましたが、調査後埋め戻されています。玄室は2.7×1.5×1.0m以上、羨道は1.8×1mの両袖式でした。祠の横に石棺の蓋と底材が置かれていますが、どこから出土したものかは不明です。隣の2号墳は径10mの円墳で、小型の横穴式石室が一部露出しています。内部はほとんど埋まっていますが、奥壁付近がわずかに開口しています。

1号墳、石室は埋め戻されている

1号墳そばに置かれている石棺

2号墳

2号墳石室内部

 3号墳は民家の庭内にあり、墳丘はかなり流失していますが、横穴式石室は羨道の一部を除き、ほぼ完存。玄室は4.62×2.57×2.95m、羨道は幅1.57mの両袖式で、奥壁と玄門から天井石を迫り出して、中高式天井のようになっています。花崗岩の割石で築かれた大型石室です。

3号墳開口部

3号墳玄室天井、中高式風

3号墳玄室奥壁

3号墳奧から

 竹薮の中にある4号墳は、径15m以上の円墳で、横穴式石室が良好に保存されています。玄室は3.90m×2.66m×3.27m、羨道は1.95m以上×1.25mの両袖式で、花崗岩の割石を使用。側壁、奥壁ともに顕著に持ち送って、天井付近ではドーム状となっています。

4号墳

4号墳玄室奥壁

4号墳玄門

天井付近の持ち送り、天井石は1枚

道風神社古墳群

 志賀町小野の道風神社社殿西側に2基の古墳が並んでいます。南側の1号墳は全長34m、後円部径17mの前方後円墳で、丘陵先端に前方部を向けています。北側に2号墳が隣接していますが、径28mの円墳で、こちらのほうが立地、スケールとも立派に見えます。ともに中期の古墳と考えられます。

1号墳、前方部から後円部

社殿右奧が2号墳、左に1号墳

唐臼山古墳

 志賀町びわこローズタウンの小野妹子公園内に保存されています。巨大な板状の石室材が露出しており、現状で全長5.45m、幅1.6m、高さ1.21mの空間を作り出しています。出土した須恵器から七世紀前半頃のものとみられます。

 


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system