静岡県島田市(旧島田市・金谷町)・吉田町・牧ノ原市(旧榛原町)の古墳


愛宕塚古墳 【管理人推薦】

 島田市指定史跡。島田市阪本、越すに越されぬ大井川にかかる谷口橋の南の丘の上、茶畑の中にあります。もともと20基以上の古墳群でしたが、見学可能なのはここだけです。全長21.5m、群中唯一の前方後円墳で、全長8.5mの横穴式石室が開口しています。羨道部が半壊していますが、玄室は完存。奥、側壁とも小型の石材を積み上げ、側壁は持ち送りが見られます。

羨道は崩壊

玄室開口部

玄室奥壁

玄室奥から外

高根森古墳群

 島田市阪本の天王神社の社殿裏に11号墳、東100mの道路沿いに2号墳があります。2号墳は元18.2mの円墳でしたが、大正4年に調査され、現在は横穴式石室の石材が完全に露出しています。玄室長5.4m、幅1.3m、高さ1.8mの疑似両袖式と思われます。11号墳は径10mほどの墳丘が残っています。

2号墳横から

2号墳、裏側に説明板

11号墳

駒形古墳群 【管理人推薦】

 1号墳が島田市指定史跡。島田市野田91-6、島田市民病院から東へ川を越えると土手沿いに標識があり、そこから東山麓の民家の庭先を通って果樹園の中を登っていったところに1、2号墳があります。斜面上方の1号墳は5.4m×9.1mの楕円形墳で横穴式石室が完存しています。全長7.6m、玄室長5.5m、幅1.6m、高さ2mの両袖式で、東北壁を利用して2.12m×1.05m×0.48mの組合せ式箱式石棺を造っていましたが、現在は破壊され、その破片らしい石材が散乱しています。

羨道は崩壊

玄室開口部

玄室奥壁

玄室奥から外

 50mほど西に2号墳があります。一辺12mの方墳で、横穴式石室が開口していますが中には入れません。全長8.7m、玄室長4.9m、幅1.9m、高さ2.2mの両袖式です。

石室正面

玄室

玄室奥壁

この民家の中を通って行きます

香橘寺1号墳

 島田市阿知ヶ谷地蔵山1266、香橘寺の南側の竹林中の墓地にあります。径10mほどの円墳ですが、一部墓地のために削られ、そこから石室の一部が露出しています。なお、ひょっとしたら4号墳かも知れません。

墳丘の現状

石室の一部が露出

田ノ谷1号墳(田ノ谷遺跡)

 島田市野田1689の島田中央公園の古代の丘にあります。弥生後期〜古墳時代の住居跡とともに横穴式石室墳1基が発見され、現地保存されています。全長3.2m、最大幅1.2mの疑似両袖式で、やや胴張り状です。

石室正面から

調査時の様子


宮ノ段古墳 【管理人推薦】

 島田市指定史跡。島田市(旧金谷町)横岡315、八幡宮のすぐ東にありますが、民家が建て込んで場所がわかりにくいです。大井川を望む丘陵先端に築かれた径10mほどの円墳で、横穴式石室が良好に残されています。全長5.7m以上、玄室長5.05m、最大幅1.5m、高さ2.3m、羨道長0.65m、幅0.6mの疑似両袖式で、奥壁は一枚石、玄門部にはマグサ石が架けられ、床には敷石が残っています。入口脇に天井石らしい巨石があります。明治33年に調査され、遺物は東京国立博物館に保管されています。

墳丘の現状、手前の巨石は羨道の天井石か?

石室開口部

玄室奥壁

玄室奥から


中ノ沢1号墳

 牧ノ原市(旧榛原町)坂部三亀谷154-5、日本曹達近くの県道79号線沿いに坂部地区の観光MAPがあり、その裏にあります。古墳は調査後消滅しましたが、石室が1/2のサイズで復元されています。

石室正面、どこまで元の姿を復元しているのか?

玄室奥壁・・・の1/2復元


能満寺原古墳

 吉田町指定史跡。吉田町片岡の茶畑の中にあります。もと、8基からなる古墳群でしたが、現存1基で完全に茶畑化しています。大正九年に開墾で石室が見つかりました。

 


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system