奈良県高取町・清水谷遺跡

最古の渡来系氏族の住居跡


 奈良県高取町の清水谷遺跡で、朝鮮半島式の床暖房装置「オンドル」を伴う5世紀中〜後半の大壁建物群の柱跡が見つかりました。渡来氏族・東漢氏の居住地と見られています。直駒くんもここに住んでいたのでしょうか?

左/柱を壁の中に塗り込める構造の大壁建物跡の柱穴

右/オンドル遺構、かまどから丁字形に延びた煙道(幅約1m、延長約7m)が床下をめぐる構造


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system