滋賀県栗東市・新開西古墳群

終末期古墳から須恵器棺出土


●滋賀県栗東市安養寺 新開西古墳群

●2002年12月7日 現地説明会/栗東市教育委員会

 民間の住宅建設に伴う調査で、終末期の古墳4基を検出。1〜3号墳は1辺7.5〜11mの方墳、4号墳は方墳か円墳でいずれも小規模な横穴式石室を持ちます。3号墳からは須恵器棺が出土、身は長さ1.1m口径42cmで、蓋を固定するための耳が4箇所ついていました。過去に7例が見つかっているそうです。

上/蓋を固定するための耳

左/須恵器棺の身


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system