群馬県榛東村の古墳


高塚古墳 【管理人推薦】

 県史跡。榛東村新井の群馬県林業試験場の敷地内にあり、管理事務所で見学者用パンフレットをもらえます。丘陵上に築かれた全長60mの二段築成の前方後円墳で、自然地形を削った基壇の上に盛り土で上段を築いています。後円部南向きに大型の横穴式石室が開口。全長10.6m、玄室長6.5m、幅2.2m、高さ2.8m、羨道長4.3m、幅1.3m、高さ2.8mの両袖式で、羨門前には墓道が造られています。奥壁は巨石二段、側壁は小ぶりの自然石を目地を揃えてしっかりと積んでいます。羨道の奧よりにマグサ石が石梁のように架設されていて、玄門と、玄室中央には間仕切石が残っています。六世紀中頃〜後半の築造です。

墳丘

玄門部、マグサ石が特徴的

玄室奥壁

奧から外

馬頭塚古墳

 榛東村新井の群馬県林業試験場西の県道沿いにあり、石室の上に石碑が建っています。墳丘はかなり破壊されていて、横穴式石室も奥側しか残っていません。残存長2.5m、幅1.9m、高さ1.8mの規模で、奥壁は自然石を巧みに組み合わせています。七世紀後半の築造と推定されています。

石室開口部、上に馬頭観音がある

玄室奥壁

柿ノ木坂古墳

 榛東村新井の群馬県林業試験場南の県道沿いにあります。径30mの円墳で、道路の反対側に横穴式石室が開口しています。全長6.3m、幅1.3m、高さ1.7mの規模で、奥壁は二段積み、側壁は小型の自然石を乱石積みしています。六世紀末頃の築造と推定されています。

石室開口部

玄室奥壁

長久保4号墳

 榛東村新井の群馬県林業試験場の東にあるつつじヶ丘団地内に現存17基の長久保古墳群が保存されています。団地の西よりの公園に4号墳があります。現状で径20mほどの円墳で、横穴式石室が開口。玄室長3.1m、幅1.6m、高さ2.2m、羨道長3.8m、幅1.2mの両袖式で、自然石乱石積みですが、非常に保存状態が良好です。石室前には前庭状に石が並んでいます。ほかにも石室が見学できる古墳があるらしいのですが、予定が押していたため4号墳のみ見学。

石室正面

羨道

玄室奥壁

奧から玄門部

穴薬師古墳

 榛東村山子田、村役場北西800mの墓地にあります。非常に小さな円墳で、横穴式石室もマイクロ級です。内部には石仏が詰め込まれています。西100mにも小円墳があります。

穴薬師古墳

西100mにある小円墳


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system