静岡県静岡市の古墳


賎機山古墳 【管理人推薦】【国史跡】

 静岡市宮ヶ崎町、浅間神社裏山、静岡平野の中心部に突き出た賎機山南端にあります。古代東海道と安倍川が交差する交通の要衝に位置する静岡を代表する首長墓です。径32m、高さ7mの円墳で西側がかなり削られています。横穴式石室は玄室長6.5m、幅2.6m、高さ3.8m、羨道(前庭含む)長11.7m、幅1.8m、高さ1.9mの巨石で築かれた両袖式で床面には拳大の川原石が敷き詰められていました。石棺は伊豆半島産の凝灰岩製で長さ2.9m、幅1.1m、蓋を含めた高さ1.1mの細長い形で、縄かけ突起が側面に3個ずつ、小口側に1個ずつついています。石棺内はかなり荒らされていましたが、石棺の周囲から豪華な副葬品が出土し、神社内にある文化財資料館に展示されています。遺物の年代は六世紀後半から七世紀前半にわたっており、複数回の追葬が行われたようです。平成八年度までに保存整備工事が完了し、現在柵越しに内部を照明付きで見学できます。石棺のレプリカも資料館にあります。

石室正面

羨道

玄室奧壁と家形石棺

條ウル神古墳同様、側面に3個ずつ縄掛突起がある

玄室奧から

実測図


八幡山古墳群

 静岡市駿河区八幡山の八幡神社裏山一帯に分布する古墳群で、戦前には18基存在したといわれますが、何基残っているのか不明です(遺跡地図には3基)。山頂にある1号墳(八幡山山頂古墳)は径30mほどの大きな円墳ですが、墳丘は、かなり変形しています。尾根上を北へ進むと、怪しいマウンドがいくつかありますが、古墳と断言できそうなものはありません。

1号墳(八幡山山頂古墳)

石材か?

これも石材か?

 山の中腹にある社殿のブロック塀の内側に、2号墳(八幡神社古墳)の横穴式石室が開口しています。内部は半分くらい埋まってかなり狭いですが、状態は良さそうです。

1号墳(八幡山山頂古墳)

横穴式石室開口部

玄室奥壁


大鈩(おおだたら)2号墳

 昭和44年に静岡市駿河区丸子大鈩の茶畑で発見された古墳ですが、現在は長田西中学校に移築されています。 主体部は横穴式石室で、石室内に組合せ式箱式石棺が置かれています。被葬者は二人いたようです。

石室正面

玄室内に組合せ式箱式石棺あり

玄室奥から


牧ヶ谷2号墳

 静岡市耕雲寺の裏山に存在した5基からなる群集墳ですが、ほとんど消滅し、現在は2号墳のみが保存公開されています。寺の裏山斜面にあり、横穴式石室が南に開口していますが、天井はコンクリート製です。現状で全長6m、幅1.3m、高さ2mの規模で奥壁は二段積み、内部には箱式石棺が3基残っていました。

2号墳石室正面

2号墳石室内部

奥から外


諏訪神社古墳(宮川4号墳)

 静岡市駿河区大谷の諏訪神社境内にあります。現状で径30mの円墳ですが、帆立貝式の可能性もあります。未調査のため詳細はまったく不明です。宮川古墳群7基のうち、唯一保存されている古墳ですが、消滅した1号墳は一辺18mの方墳で、全長9.7mの両袖式横穴式石室の下半分が残っていました。また、7号墳(アサオサン古墳)は一辺18mの方墳で、かなり破壊されていましたが、全長13.5m、幅2.1mの静岡県内最大の横穴式石室を有し、組合せ式箱形石棺が3基設置されていました。


丸山古墳(宮川1号墳)石棺

 元、静岡市駿河区大谷に存在した丸山古墳出土の石棺2基が現在、市埋蔵文化財センターに保存されています。丸山古墳は一辺20mの方墳で周溝が巡り、全長9.7m、玄室長4.4m、幅2.4mの両袖式横穴式石室の羨道に凝灰岩製のくり抜き式家形石棺、玄室に組合せ式箱式石棺が置かれていました。

羨道部のくり抜き式家形石棺

玄室の組合せ式箱式石棺

蓋、八個の縄掛突起があるらしいが、よくわかりません


谷田古墳群

 静岡市谷田。静岡県中部には限られた領域に多数の古墳が密集する密集型群集墳が数多く見られ、おおきな特徴となっています。しかし、そのほとんどは消滅している中で、谷田古墳群だけがほぼ現状のまま保存されています。ひょうたん塚公園付近の西ノ原古墳群が第1支群、宮ノ後公園内から県立美術館にかけてが第2支群、県立美術館の背後の森に第3支群が現状保存されています。主体部はほとんどが横穴式石室です。

 第1支群

 草薙駅の南300mのひょうたん塚公園内に瓢箪塚古墳(西ノ原1号墳)があり、ここを含む西ノ原古墳群が保育社「日本の古代遺跡」では第1支群とされています。位置的には清水区草薙になります。瓢箪塚古墳は全長45.8m、後円部径28mの前方後円墳で、周溝もあったようです。ほかに円墳3基が存在していました。

瓢箪塚古墳後円部

瓢箪塚古墳横から

 第2支群

 ひょうたん塚公園の南西500m、熊野三柱神社のとなりの宮ノ後公園内には第2支群の1、52、53号墳が保存されています。1号墳(宮ノ後古墳)は横穴式石室が主体部ですが、石室は残念ながら埋め戻されているようです。直刀、須恵器、土師器などが出土しています。52、53号墳はいずれも小円墳です。さらに南東へ400m、県立美術館の駐車場の奧には17号墳があります。円墳と思われますが、詳細は不明です。

宮ノ後公園の1号墳

1号墳の横穴式石室(説明板より)

52号墳

53号墳

県立美術館駐車場の奧にある17号墳

 第3支群

  県立美術館背後の森の中に保存されています。散策路沿いにある54〜56号墳はいずれも小円墳で、主体部は横穴式石室。終末期の古墳です。南斜面の中程には25号墳があります。急斜面に、支群唯一横穴式石室が露出しています。

保存されている54〜56号墳

54号墳

55号墳

56号墳

25号墳

25号墳玄室奥壁


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system