岡山県総社市南部の古墳


こうもり塚古墳 【管理人特選】【国史跡】

 総社市上林、備中国分寺東200mにある六世紀後半の前方後円墳です。全長100m、後円部径60m、前方部幅44m、周濠、埴輪、葺石はありません。横穴式石室は全長19.4m、玄室長7.7m、幅3.6m、高さ3.6m、羨道長11.7m、幅2.12m、高さ2.8mの両袖式で、岡山最大、全国でも5位の巨大石室です。羨門には閉塞石も一部残っています。奥壁や天井石は巨大で、玄室には礫が敷き詰められ、浪形石製のくり抜き式家形石棺が残っています。身のサイズは2.4m×1.4m×0.55mで、蓋石には縄掛突起が六個付いています(一個は破損)。他にも亀甲形陶棺、木棺が埋葬されていたようです。

墳丘全景

長大な羨道

奧から玄門部

石棺裏側


江崎古墳 【管理人特選】【県史跡】

 総社市江崎、備中国分寺の北の山裾にある全長45m、後円部径32m、前方部幅25mの二段築成の前方後円墳で、後円部の一部を除き周濠が巡っていて、円筒埴輪も認められます。西に開口する横穴式石室は全長13.8m、玄室長6.6m、幅2.6mの両袖式で、天井石は復元されています。玄室には浪形石製のくり抜き式家形石棺が納められており、棺内には成人男女二体分の人骨が残っていました。羨門には閉塞石がほぼ完存しています。六世紀後半、こうもり塚の次に築かれた首長墓です。

石室正面

玄室奥壁と石棺

玄室奧から、入口は閉塞石を乗り越えている

巨大な家形石棺


鳶尾塚古墳 【管理人推薦】

 総社市下林、こうもり塚の北600mの北へ派生した低い尾根上にあります(正確な場所は「古墳奮闘」参照、以下古墳のデータも「古墳奮闘」に拠ります)。径23mの円墳で、大型の横穴式石室が開口。玄室長6.5m、幅2.3m、高さ2.4m、羨道長5m、幅1.7m、高さ1.8mの両袖式で、奥壁は真四角な1枚石、側壁に持ち送りは無く、天井石は巨石二枚で大きな空間を覆っています。特に奥側のは天井石の長さとしては日本最大と思われます。

石室正面

羨道

玄室奥壁、天井石が大きい!

玄室奥から外


法蓮広堂山古墳群

 総社市下林、造山古墳と作山古墳の間にある三須丘陵上で、2008年に土取りに伴う調査が行われ、密集した12基の古墳が見つかりました。すべて小型の古墳で墳丘の残存状態は良くないのですが、尾根上の1〜10号墳は五世紀代の円墳と方墳、南斜面の11、12号墳は七世紀末〜八世紀初頭の横穴式石室墳とわかりました。主体部としては、1号墳からは箱式石棺、11号墳からは小さな横穴式石室が完存状態で見つかりました。

密集する尾根上の古墳群

1号墳の箱式石棺、鉄刀が出土

2号墳の木棺直葬跡

保存の良い11号墳、須恵器、鉄滓が副葬されていました


作山古墳 【国史跡】

 総社市三須、独立した丘陵を整形して築かれた三段築成の前方後円墳で全長285m、後円部径174m、前方部幅110mは全国でも9位の規模です。テラスには円筒埴輪、斜面には角礫が認められ、北側くびれ部に造り出しがあります。

 


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system