奈良県広陵町・巣山古墳

古墳築造集団のリーダーは常にトレンドを追い求める


●奈良県広陵町三吉 特別史跡・巣山古墳

●2006年1月22日 現地説明会/広陵町教育委員会

 前方部の墳丘すそから長さ100mにわたって敷き詰められた葺石が、ほぼ完全な姿で発見されました。葺石は二上山産の安山岩で、最下段に基底石を横に並べ、その外側にはそれを支える外護列石が並んでいます。斜面には区画割りのための横目地が1列、縦目地が54列確認されました。葺石は一度、敷かれたあと、西端付近で濠を1mさらに掘り下げて、敷き直すリフォーム工事が行われています。これは、同時期に完成した津堂城山古墳の島状遺構を見た工事の責任者が、この最新のトレンドを巣山古墳でも造ろう!ということで、計画変更されたためではないかと考えられます。

こんな大規模に残存する葺石は初めて見ました

基底石、外護列石、縦・横の目地のようす

前方部北西隅

近くの久保松塚古墳一帯も発掘調査中


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system