岡山県倉敷市真備町・勝負砂古墳

未盗掘の竪穴式石室は、構築法も副葬品も異例づくめ


岡山県倉敷市真備町下二万字勝負砂 勝負砂古墳第7次

2007年5月20日 現地説明会/岡山大学考古学研究室

 勝負砂古墳は、二万大塚古墳の東400mにある全長42mの帆立貝式古墳で、今回の調査で、後円部から竪穴式石室を検出しました。内法寸法は3.59×1.2×0.6mで、床には円礫が敷かれ、側壁は角礫を積み上げ、天井石は8枚、一部に木材の痕跡も見られます。石室を構築してから墳丘を盛っているため、墳頂から石室床面まで4mもあります。この深さが石室を盗掘から防いでくれました。土砂も一部しか流入してなかったため、石室内は副葬品が埋葬状態のままで出土しました。東端では、頭骨、歯、銅鏡とそれを包む有機物、中央付近では、鉄刀、鉄鏃、砥石、土器、西側には、短甲、馬具一式などが置かれていました。馬具の中には、国内では例がない、透かし入りの飾りが見つかっています。副葬品や石室の構築方法は朝鮮半島南部に由来しており、被葬者は海外ともつながりを持つ五世紀後半の武人的性格をもった有力者と考えられます。

石室は、こんなに深く築かれています

石室内部の副葬品出土状況、下が東

墳丘、手前が前方部

東端の人骨と銅鏡

西端から出土した短甲と馬具、鉄鏃

中央部の鉄刀、鉄鏃、砥石、土器


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system