墳丘復元工事完成記念に石室公開


兵庫県川西市火打二丁目・勝福寺古墳

 2012年3月10日 現地説明会/川西市教育委員会

 勝福寺古墳は六世紀初め頃の前方後円墳ですが、明治時代に後円部の西側が削り取られて横穴式石室の側壁が露出した状態になっていました。2011年度に墳丘の復元工事が完成し、あわせてフェンスや見学用の通路が整えられたため、それを記念して石室内が公開されました。

後円部右側が復元された墳丘

羨道、段差がある

横穴式石室の玄室奥壁

石室奧から、右片袖式


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system