滋賀県多賀町・甲良町の古墳群


大岡高塚古墳 【管理人推薦】

 多賀町のあけぼのパーク多賀のすぐ北側の山林中にあります。横穴式石室が露出しており、これまで玄室床面や羨道部がかなり埋まっていて、その実態が明らかでは有りませんでしたが、2007年の調査の結果、県内でも屈指の大型の横穴式石室であることが判明しました。全長11.6m、玄室長5.2m、幅2m、高さ3m、羨道長6.4m、幅1.2m、高さ1.7mの両袖式で、奥壁や天井に巨石を使用しています。玄室はやや胴張りで、持ち送りはほとんどありません。羨道は入り口から玄室まで、二段下がる構造で、湖東地方に多い階段式石室との共通点が窺えます。床面の段差に合わせて、天井の高さも途中で二段低くなっています。羨道の途中に河原石を敷き詰め、その上に馬具一式が置かれていました。副葬品は馬具一式のほか、須恵器や耳環、鉄製品などが出土していますが、六世紀後半に築造後、七世紀前半までに二回追葬されているそうです。規模、副葬品ともに犬上郡の首長墓に相応しい内容をもった古墳であることがわかりました。

石室開口部

玄室奥壁

奥から外

調査前の玄室奥壁、半分埋まっていました

楢崎1号墳 【管理人推薦】

 犬上川左岸の扇状地に築かれた古墳群ですが、現在1号墳が古墳公園内に保存されています。町内最大の古墳で、天井の高い大型石室がほぼ完存しています。玄室長6m、幅2m、高さ3m、羨道幅1.4mの片袖式で、羨道部途中に閾石が残っています。

1号墳の現状、奥壁側も開口している

玄室奥壁方向、石材は小さめだが背が高い

玄門、右片袖式

石塚古墳

 国道307号線が犬上川を渡る地点から北西方向の水田中に横穴式石室が完全に露出しています。天井石はかなりの巨石です。

四ツ塚古墳群

 甲良町の近和泉繊維の工場西1kmの水田中にまとまって保存されています。9基中、現存するのは2基のみで、石材が一部見えています。

金屋南古墳群

 甲良養護学校周辺に分布する古墳群で、甲良養護学校内に6基中、3基が保存されています。いずれも横穴式石室を主体部とする円墳ですが開口はしていません。また、町内307号線沿いの北落きらめき公園内に1号墳の石室が移築されています。

塚原古墳

 北落の水田中の水道施設内に保存されています。川原石を使った横穴式石室が主体部ですが、石室は埋められています。


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system