兵庫県高砂市南部の石棺群


中筋地蔵堂弥陀石棺仏

 高砂市伊保町中筋二丁目の時光寺の南200mの集落内にあります。コンクリ製の小堂の中に三体の石棺仏が並んでいますが、主役の弥陀石棺仏は122cm×72cm×39cmの肉厚の家形石棺の蓋に弥陀坐像を刻んでいます。室町中期頃の作風です。向かって左には地蔵石棺仏、前にも小さな弥陀石棺仏があります。

中央が弥陀石棺仏、左が地蔵石棺仏

弥陀石棺仏と、その前の小弥陀石棺仏


天の磐舟石棺 【県文化財】

 元、伊保山山頂にあった家形石棺の蓋で、未製品として放置されていましたが、現在は高砂市社会教育センターに保存されています。播磨では最大級の大きさです。

 


阿弥陀 I 号墳(1号墳ではない)石棺

 古墳は、すでに消滅しましたが、羨道に置かれていたくり抜き式石棺の身が同じく高砂社会教育センターに保存されています。

 


明覚寺石棺

 元、荒井町の明覚寺にあったくり抜き式石棺の身で、現在は同じく社会教育センターに置かれています。

 


覚正寺石棺

 高砂市神爪の覚正寺境内、山門を入って左の方にあり、隣りに山片蟠桃の顕彰碑があります。きれいな形のくり抜き式家形石棺の身ですが、所々欠けているのが惜しいところです。

 


西法寺石棺

 高砂市北浜町北浜の西法寺境内にあります。くり抜き式家形石棺の身ですが、一部欠けていて、風化が進んでいます。

 


圓明寺石棺

 高砂市梅井四丁目の圓明寺境内にあります。小型の家形石棺の蓋が置かれていますが、棟飾り風に加工された珍しいデザインです。

 


伊保町網堂地蔵石棺仏

 高砂市伊保東町一丁目、谷川橋の西100mの集落内にありますが、ゴミゴミしているので、場所がかなりわかりにくいです。80cm×63cm×28cmの家形石棺の蓋石に大きな地蔵立像を刻んでいて、顔は磨滅していますが、全体的に保存状態は良好です。古式の様相から抽象化へと変化する過渡期の作風で、室町前期頃のものと思われます。


黒岩十三仏石棺

 高砂市曽根町の国道250号線沿い、住吉神社の隣りに市指定文化財の黒岩十三仏があり、その前の供物台に石棺材が二つ使用されています。どちらも組合せ式石棺の底石で、上側の石材は段差状の溝、下側の石材は彫り込み状の溝が残っています。

国道沿いにある黒岩十三仏

石仏の前の供物台

上側の底石の裏の溝

下側の底石


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system