群馬県高崎市西部の古墳


若田古墳群

 高崎市剣崎町の西部小学校北側と若田町の八幡霊園内に分布する古墳群で、4基の大型円墳と100基以上の小円墳からなります。西部小学校北側にある剣崎長瀞西古墳は径30mの円墳(または帆立貝式)で、葺石、円筒埴輪列が確認されています。墳頂の主体部は破壊され不明ですが、テラス部に小さな埋葬施設が見つかっています。五世紀後半の築造です。八幡霊園の門前に物見塚古墳があります。径15mの円墳で、横穴式石室の石材が露出しています。霊園内の中央付近には、3基の円墳が保存されています。東端の若田大塚古墳(県史跡)は径29.5mの円墳で、葺石、円筒埴輪が認められます。主体部は埋め戻されていますが、基壇上に築かれた自然石乱石積みの竪穴式石槨で、簗瀬二子塚古墳の横穴式石室とよく似ていて、同じ施工者によるものかも知れません。六世紀初頭の築造です。西隣りの楢ノ木塚古墳(県史跡)は、小円墳で、小山に埋もれているそうです。主体部は自然石乱石積みの全長6.35mの無袖式横穴式石室で、六世紀後半の築造です。南西にある峯林古墳(県史跡)は、径17.5mの円墳で、二段築成。葺石が巡らされていますが、埴輪はありません。横穴式石室は天井石をほとんど失っていますが、それ以外は良く保存されています。輝石安山岩を積み上げた全長6.3mの両袖式で、玄室は胴張り、ドーム状。羨道前には前庭が付設されています。七世紀後半の築造と思われますが、この古墳の施工者もおそらく塚中53号墳と同一でしょう。

剣崎長瀞西古墳

物見塚古墳の露出した石室

若田大塚古墳

楢ノ木塚古墳の埋もれている小山

峯林古墳、立派な前庭

峯林古墳玄室奥壁

平塚古墳

 高崎市八幡町、観音塚考古資料館の南西の公園内にある全長105m、後円部径66mの前方後円墳です。主体部は後円部で2基の舟形石棺が見つかっています。五世紀後半の築造で、八幡古墳群の中では最初に築かれた古墳です。

 

二子山古墳

 高崎市八幡町、平塚古墳の東300mにある全長66m、後円部径41mの前方後円墳です。墳丘が良好に残っています。

 

八幡遺跡20号墳

 高崎市八幡町の観音塚考古資料館の敷地内に石室が移築されています。元、どこにあったのかは不明です。本来は径12mの円墳で、横穴式石室は基底部しか残っていませんでしたが、全長3.8m、玄室は2×1.25m、羨道は1.8×0.75mの規模で、両袖式です。

 

観音塚古墳 【管理人特選】

 国史跡、出土品は重要文化財。高崎市八幡町、消防署近くの県道10号線から東100mにあります。全長105m、前方部幅105m、高さ14m、後円部径70mの前方部が極度に発達した前方後円墳です。昭和20年3月に防空壕に利用する目的で石室が開口され、当時としては質量ともに最高レベルの副葬品が発見されました。出土状況がわからないのが残念です。ほぼ南に開口する横穴式石室は、東日本では最大級で、全長15.3m、玄室長7.15m、幅3.55m、高さ2.8m、羨道長8.15m、幅1.4〜1.95m、高さ1.75〜2.3mの両袖式です。奥壁、側壁、天井には輝石安山岩の巨石を使用し、奧壁寄りの天井石はおそらく東日本最大の石材です。玄門を築かず玄室と羨道の境には樒石が並べられ、玄室は床面を間仕切り石で前後に仕切っています。築造時期は六世紀末頃と考えられます。出土品は、近くにある観音塚考古資料館に展示されていて、高崎市のHPで、その一部を見ることができます。

<http://www.city.takasaki.gunma.jp/soshiki/kannonzuka/ibutu.htm>

後円部に巨大石室が開口

羨道、途中にマグサ石が架けられている

玄室、間仕切石で前後に分けられている

奥壁

天井、奥壁寄りの天井石は推定20トン

奧から袖部、樒石で区画

少林山古墳群

 高崎市鼻高町の少林山達磨寺境内とその周辺に分布する群集墳です。寺背後の丘陵の地滑り対策工事でかなりの古墳が消滅しましたが、2号墳(天頭塚)のみ、移築保存されています。六世紀中頃の径12mの円墳で、周溝が巡り、葺石と埴輪が確認されました。横穴式石室は全長6.2mの無袖式で、奧ほど広くなり、間仕切石で三室に仕切っています。境内にも数基の古墳が残っており、特にB号墳が最もよく石室が残っています。

移築された2号墳

2号墳奥壁

2号墳玄室床面、奥に間仕切がある

B号墳

B号墳石室

A号墳、なぜか石室を見逃しました・・

H号墳


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system