京都府京田辺市・薪遺跡

群集墳の存在を予感させる埋没古墳


●京都府京田辺市 薪遺跡第8次

●2006年11月18日 現地説明会/財団法人 京都府埋蔵文化財調査研究センター

 府道建設の事前調査で、扇状地の水田から削平された円墳が2基発見されました。薪高木1号墳は径20mの円墳で、溝の一部を検出。溝内から円筒埴輪が出土しています。薪狭道1号墳は径13〜16mの楕円形墳で、周溝を全周検出。円筒埴輪、須恵器、土師器のほか、溝内の1ヶ所から家型・蓋・馬型埴輪がまとまって見つかりました。これらの二古墳は築造時期が異なっていて、周辺にまだまだ多くの古墳が埋没していることが想定されます。

薪狭道1号墳

薪高木1号墳


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system