岡山県玉野市・倉敷市(旧児島市)の古墳


■玉野市

孫座古墳 【市史跡】

 玉野市田井二丁目、JR備前田井駅南の丘陵先端にあります。県道22号線清水橋交差点から西へ曲がり、水路の南の道を進むと、案内板が出ています。六世紀末頃の径12mの円墳で、横穴式石室は玄室長3m、幅1.7m、高さ1.8m、羨道長1.7m、幅1.5mの規模で、右片袖式っぽいです。


■倉敷市(旧児島市)

田の口古墳群

 倉敷市児島田の口、旭荒神社周辺に分布する古墳群です。神社境内に荒神三ツ塚古墳があり、横穴式石室が完全に露出しています。平家蟹さんの訪問時と比べると石室開口部が薮に覆われて、ちょっと入れそうにありません。奥壁は1枚石ですが、かなり薄いです。神社すぐ裏の民家前にも横穴式石室が開口(仮称2号墳)、こちらは扉がありますが、内部に入れます。長さ6m、幅、高さとも1.5mほどの左片袖式で、奥壁は1枚石ですが、これもおそらく薄いでしょう。50mほど海よりの小道を登っていった民家裏に、もう1基の小型の石室(仮称3号墳)が露出しています。現存長3mくらいで、奥壁は1枚石ではなく、一部石材が抜かれています。

荒神三ツ塚古墳

仮称2号墳

仮称2号墳石室

仮称3号墳


鷲羽山古墳群

 倉敷市児島の南端、鷲羽山山頂の西の尾根沿いに点在します。山頂すぐ西にある第三古墳は横穴式石室が半壊状態で露出。古墳のすぐ前を瀬戸大橋が通り、眺めは抜群です。第二古墳はそこから西へ降っていった道の真ん中に石材が1個露出しています。そのさらに奥に第一古墳があり、横穴式石室の基底部だけが残っています。なお、鷲羽山駐車場の案内図は、第一と第三古墳が入れ替わっています。

第一古墳

第二古墳

第三古墳


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system