兵庫県丹波市中部(旧氷上町)の古墳


中野1号墳 【管理人推薦】

 市史跡。氷上町中野の集落西側山麓の墓地前にあります。林道入り口のすぐ手前です。径18mの円墳で、林道側に石室が開口していますが、これは奥壁側で、石材がすっかり抜かれています。全長約10m、玄室長6m、幅1.5m、高さ2mの右片袖式で、天井には巨石を使用しています。羨道はかなり埋まっていて、入り口がわずかに覗いています。

古墳の現状

奥壁側が開口、天井石が巨大!

玄室奥壁方向

奥から入り口方向

伊佐口1号墳 【管理人推薦】

 氷上町伊佐口、伊佐口の集落を抜けて二つの道が合流する先に鹿避けフェンスがあります。そこから100mほど進み、右側の水田向うの山林内に入ると、すぐ大きな墳丘が見えています。径20mほどの円墳ですが、石室開口部に比べて、背が高いので、玄室はかなり大きいのでは?と期待しましたが、期待通りの大型石室でした。全長約10m、玄室長5m、幅2m、高さ3mほどの両袖式で、天井には巨石を使用、玄門部も立派な造りをしています。これだけの石室が完存しているのは素晴らしいですね。

古墳正面、開口部に対して墳丘が高い

羨道

玄室奥壁方向

奥から入り口方向

下油利群集墳 【管理人推薦】

 市史跡。氷上町下油利地区の南端、県道朝阪山南線の西400mの山麓にため池があり、その裏側の松林の中に15基の円墳が密集しています。山林が荒れていて、全体像がつかめないのですが、ざっと探索したところでは、横穴式石室が完存するものが4基、半壊しているものが2基ありました。説明板のある、最も大きな石室墳がおそらく1号墳ですが、ほかの号数は不明です。

 

 1号墳

 14m×10mの円墳で、横穴式石室が完存。全長10.2m、玄室長3.4m、幅2.6m、高さ2.6m、羨道長6.8m、幅1.3mの両袖式で、羨道が長く、玄室側壁には持ち送りが見られます。

1号墳正面

1号墳羨道

1号墳玄室奥壁

1号墳奥から入り口方向

 14,15号墳?

 資料では1、14、15号墳で入室可能と書かれていたので、この2基がおそらく14、15号墳でしょう。仮称14号墳は、全長7mくらいで、1号墳よりは小型ですが、玄門など、良く似た構造です。奥壁が少し崩れてきています。仮称15号墳は、全長6mくらい。側壁が垂直に立つ背の高い石室で、他とは違い左片袖式です。真四角な奥壁が印象的です。

14号墳?正面

14号墳?玄室奥壁

14号墳?玄門部

15号墳?開口部

15号墳?玄室奥壁

15号墳?奥から外

 その他の古墳

 上記以外は小型の石室ばかりですが、保存の良いもの1、半壊状態のモノ2基を確認しました。号数はすべて不明です。

保存の良い小型の石室

左の石室内部、ここの奥壁も真四角です。

半壊状態の石室

左の石室内部、玄室は残存

半壊状態の石室その2

油利百塚群集墳 【管理人推薦】

 氷上町油利、下油利群集墳から県道を北へ1.5km進み、山と加古川が接近するあたりに、西の谷間へ入っていく道路があります。鹿避けフェンスを越えて、少し進むと、右側の山林内の広い緩斜面一帯に、多数の古墳が密集しています。ほとんどが半壊した横穴式石室か、石材が散乱する程度ですが、ほぼ中央に位置する盟主墳のみ、大型の石室が完存しています。

唯一完存する大型石室墳

石室開口部から羨道

玄室奥壁

奥から入り口方向

その他の古墳1

その他の古墳2

その他の古墳3

その他の古墳3の内部

その他の古墳4

その他の古墳5

 大年神社古墳(仮称)

 上記群集墳の中心地から南西1kmの山裾にある大年神社の石段脇に横穴式石室が露出しています。かなり離れていますが、兵庫県遺跡地図では、同じ油利百塚として扱われています。全長5mほどの石室ですが、内部はほとんど埋まっています。

石段脇に石室が露出

内部はほとんど埋没


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system