兵庫県加古川市・天王山古墳群

埋没した横穴式石室が続々


●兵庫県加古川市八幡町上西条 天王山古墳群

●2006年8月12日 現地説明会/兵庫県教育委員会

 東播磨南北道路の建設予定地の調査で、4基の後期古墳が発見されました。昨年の調査で1号墳が見つかっており、天王山古墳群は5基になりました。まだ周囲にはたくさん埋まっていそうです。新たに発見された4基はすべて横穴式石室を埋葬施設とする円墳で、上部を削平されていましたが、2、4号墳で横穴式石室の基底部が良好に残っていました。2号墳は径18m、石室全長8.3m、幅1.4m、4号墳は石室全長6.5m、幅1.2mの規模です。

2号墳石室

4号墳石室


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system