京都府山城町・上狛天竺堂1号墳

畿内最古級の横穴式石室


 京都府山城町上狛天竺堂の福祉施設建設現場で1999年に発見された上狛天竺堂1号墳は5世紀末頃の古い形態の右方袖式横穴式石室を主体部とする全長27mの前方後円墳で、豪華な装飾品や形象埴輪が出土して進取の気風に富んだ女性の被葬者が想定されています。2、3号墳とともに墳丘は消滅しましたが、出土した畿内最古級の石室基底部は施設(高齢者福祉施設ぬくもりの里)の隣に移設されています。JR上狛駅東、見学自由。


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system