兵庫県関宮町・寺地遺跡

未盗掘の横穴式石室を検出


●兵庫県関宮町 寺地遺跡

●2003年7月12日 現地説明会/兵庫県埋蔵文化財調査事務所

 砂防工事の事前調査で奈良時代の建物跡などとともに6世紀後半頃の横穴式石室を検出し、寺地古墳と命名されました。墳丘のほとんどと石室の上半分を土砂崩れで失っていましたが、底部は埋葬当時の姿をそのまま残していました。耳環、鉄刀、完形の須恵器多数が出土しています。

横穴式石室、石材は整っていない

出土品

ついでに見学、和田山町・春日古墳の大型石室

北近畿道予定地では山東町宮ノ谷古墳群を調査中


inserted by FC2 system