千葉県千葉市の古墳


大覚寺山古墳

 県史跡。千葉市生実町、千葉市埋蔵文化財調査センターの北100mにあります。全長66mの前方後円墳で、丘陵先端の地形をうまく利用して築かれています。未調査ですが、五世紀前半の築造と思われ、市内では最大・最古の古墳ということです。

 

荒久古墳

 市史跡。千葉市中央区青葉町、青葉の森公園内の西口駐車場近くにあります。元々は終末期の一辺20mの方墳ですが、現状はかなり削られています。埋葬施設は凝灰岩の切石で築かれた横穴式石室で、玄室長2.07m、幅1.4m、床には粘土が敷かれ、木棺が置かれていたと推定されています。現在石室は埋め戻され、石材が一部露出している程度です。


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system