愛知県知多半島(刈谷市・東海市・阿久比町・半田市・南知多町)の古墳


泉田古墳

 刈谷市泉田地内で昭和35年に土取り中に発見されましたが、現在近くの八王子神社境内に横穴式石室が移築されています。石室は現存長4m、幅1.15m、現存高0.8mで、胴張りのない長方形をしています。床面から二体の人骨と金環5個が発見され、人骨は石室中央に「埋葬」されているそうです。

 


カブト山古墳

 東海市名和にかつて存在した、四世紀末の知多半島最古の古墳で、緑陽小学校南のマンション前に碑だけが残っています。径43mの大円墳で明治13年に発掘され、粘土槨から鏡4面、や石製品などが出土しましたが、かなり散逸してしまっているようです。

 


名和古墳群 【市史跡】

 東海市名和町三ツ屋、カブト山古墳跡地の北東300mの道路沿いに1号墳があります。径20mの円墳で主体部の横穴式石室は調査後、埋め戻されています。ほかに2、3号墳が残されています。

 


岩屋口古墳 【市史跡】

 東海市高横須賀町岩屋口、横須賀中学校西300mの名鉄河和線北側の住宅地最奥にあり、岩屋口史跡公園として整備されています。墳丘はかなり流失していますが、横穴式石室は全長8.4m、玄室幅1.7m、高さ2mで、巨石を使用した知多半島では最大の石室です。


畑間遺跡

 東海市大田町的場、名鉄太田川駅周辺の土地区画整備事業に伴う2016年の調査で、弥生中期の竪穴住居群とともに古墳時代初期の方形周溝墓群が発見されました。現地は知多半島西岸の海岸に近い砂の堆積地で、古墳時代初頭に、この地に墓域が存在していたと思われます。

これから調査される方形周溝墓の周溝

供献土器、胴部を1ヶ所打ち欠いている


二子塚古墳【町史跡】

 阿久比町宮津の公民館の隣、県道464号線沿いにあり、すぐわかります。全長36mの知多半島では唯一の前方後円墳ですが、墳丘は開墾などによりかなり変形されています。

 


岩滑八幡社古墳

 阿久比町から県道264号線を半田市に入ってすぐ、道路沿いに岩滑八幡社の林があります。本殿裏の林の中に古墳状隆起があり、これが古墳と思われます。主体部は横穴式石室らしいですが、埋まっていて、詳細不明です。

 


北地古墳群 【町史跡】

 南知多町日間賀島の東端の日間賀神社から岬先端にかけて分布する群集墳です。かつては30基以上存在したようですが、海食と開発でほとんど消滅し、調査では14基の古墳が確認されています。墳丘が残るのは日間賀神社境内にある1号墳のみで、周囲を石垣で囲まれた径10mほどの円墳で、横穴式石室の一部が露出しています。調査された古墳はすべて竪穴系横口式石室が主体部で、基底部しか残って居ませんでしたが、その形態から築造順が判明しています。しかし、現存する古墳も崖っぷちで崩壊寸前です。

1号墳

1号墳石室の一部

古墳の分布する岬

崖面に石室が露出


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system