大型の横穴式石室を新規発見


■奈良県天理市豊田町「豊田トンド山古墳」

 

 2015年5月2日 現地説明会/天理市教育委員会文化財課

 都市計画道路別所丹波市線の工事に伴う発掘調査で、08D-0306の古墳が調査され、まったく知られていなかった大型の横穴式石室を検出しました。全長9.4m、玄室長4.9m、幅2m、高さ2.6m、羨道長4.5m、幅1.7の両袖式で、最大で3mの巨石を使用しています。床面には30cmくらいの大きさの石を敷き詰め、奥壁材にはベンガラが塗られていました。玄室には凝灰岩製の石棺片が散乱し、羨道には木棺が追葬された痕跡がありました。出土した須恵器から七世紀前半の築造と思われます。

墳丘正面、手前に中世の山城の掘割がある

玄室奥壁は巨石二段積み


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system