鳥取県鳥取市国府町南部の古墳


神垣(こうがけ)古墳群

 国府町神垣、神垣ふるさと館北側の山沿いの道を東に200mほど行くと、民家の壁に小さな標識が出ていて、その民家奧に神垣古墳があります。巨石を使用した横穴式石室が露出していますが、前側は崩壊しています。玄室内には巨大なくり抜き式石棺の身が残っています。完存していたら、かなり立派な石室だったと思われます。

横穴式石室正面側

墳丘の後ろ側

玄室奥壁

玄室奥壁付近とくり抜き式石棺身

 さらに、集落の奧に進むと、民家の裏に、小型の横穴式石室が開口していました。内部を覗くと、玄室は完存していて、ここにも石棺の身が残っています。おそらく、原位置のままでしょう。

もう1基、発見

石室内部、石棺の身が残っている


新井(にい)の石舟古墳(新井2号墳) 【市史跡】

 国府町新井、新井集落の奧の山林内にあります。径10mほどの円墳で、横穴式石室が開口。玄室内に凝灰岩製の家形石棺が安置されています。身は1.9×1.1×0.55mの大きさ。蓋石はかなり扁平で、端部には組合せのための段差が加工されています。集落内の石舟の館に、石室の模型が置かれています。

横穴式石室正面

石室内部、手前に、蓋石の半分が外されている

玄室奥壁付近、奧側の蓋石が美しい

玄室奥から、石棺どうやって入れた?

 石舟古墳(2号墳)の周辺に1、3号墳があります。1号墳は小型の横穴式石室が露出していますが、かなり崩壊しています。3号墳は石室開口部が見えているはずですが、薮に埋もれてしまって、よくわかりません。

1号墳、横穴式石室正面

1号墳の玄室

3号墳


梶山古墳 【管理人推薦】【国史跡】【装飾古墳】

 国府町岡益、県道31号線を岡益橋北交差点から282号線に入り、岡益石堂を過ぎてすぐに左の谷間に入っていったところにあります。標識があり、古墳の前は公園化されているので、すぐわかります。墳丘は外護列石に囲われた対角17mの変形八角形墳で、丘陵南面を馬蹄形に掘り窪めて整地し、その上に築かれています。墳丘の前には幅14mの方形壇があり、その前面は玄武岩の石垣が三段に築かれて、古墳を巨大に見せかけています。横穴式石室は凝灰岩の切石で構築された複室構造で、全長8.8m、玄室長2.4m、幅1.36m、高さ1.64m、前室長2.8m、幅1.64m、高さ2.1m、羨道長3.2m、幅1.4mの両袖式で、前室天井が中高式となっています。後室はすべて一枚石で構築され、1978年に奥壁に壁画が描かれているのが発見されました。中央上寄りに体長53cmの右向きの魚、その上に三角紋、同心円紋、龍紋が二個ずつ左右対称にベンガラで描かれています。しかし、残念ながら右端の三角紋はほとんど消えています。石室は壁画保護のために普段密閉されており、一年に一回ほど公開されています。因幡万葉歴史館に石室と壁画のレプリカがあります。七世紀初め頃の築造と推定されています。

復元された古墳正面、石垣で大きく見せかけている

石室保存施設入口

羨道から前室、二重目の扉

前室、中高式天井となっている

後室、すべて一枚石

後室奥壁の壁画


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system