愛知県豊田市北部の古墳


池田1号墳 【管理人推薦】

 猿投グリーンロード猿投ICのすぐ南東、送電塔のところから少し登った丘陵上にあります。愛知県指定史跡。径19mの円墳で、複室構造の横穴式石室は羨道部を欠いていますが、全長12m以上、高さ2.4mで大型の花崗岩を用いた三河地方有数の巨石墳です。

石室正面

前室

玄室、巨大な奥壁の石材

奥から外、壮大な玄門

上ノ段古墳

 元々、加納町上ノ段の農地にありましたが、圃場整備で消滅し、現在は石室だけが、南西500mの猿投中学校の校舎裏に移築されています。北側の県道から、金網越しに見ることができます。径14mの円墳で、花崗岩の割石を使用した横穴式石室が基底部だけ残されていました。全長5.6m、幅1.9mの規模で、玄室平面は羽子板形をしています。

藤山1号墳 【管理人推薦】

 池田1号墳の南西1km、猿投中学校西交差点の北西丘陵先端部にあります。1辺15mの方墳?池田1号墳同様の長大な複室構造の横穴式石室が開口しています。

東畑1号墳

 変電所建設に伴い、保見の教育会館敷地内に移築されています。径16mの円墳で上部はかなり失われています。石室は細長く、やや胴張り状の玄室で、この地域では良くある構造です。

矢遠古墳 【管理人推薦】

 保見浄化センター建設に伴い、同じ敷地内に移築されました。径20mの円墳で、横穴式石室は全長9.45m、周辺の胴張りタイプの石室としては大型です。

勘八1号墳

 もと勘八町にありましたが、現在青木小学校に石室のみ移築されています。三河地方に多い典型的なタイプの石室で胴張りもきれいな曲線を描いています。手作りの説明板が微笑ましい。2号墳も東海環状自動車道建設に伴い、道路脇に移築されましたが、まだ未公開です。

  

馬場瀬古墳群

 oobutaさんから、豊田市最大の幻の横穴式石室がある!との情報を得て、早速訪問してきました。豊田市平戸橋町馬場瀬、平戸橋の北東の矢作川に突きだした丘陵の先端にある古墳群で、7基の円墳が現存しています。馬場瀬神社の裏に2号墳があり、石材が一部露出しています。100m南の道路沿いに3号墳があるはずですが、薮の中でわからず。少し南に古墳群の案内碑があり、この背後の林の中に4〜8号墳が密集しています。8号墳以外は、石材が散乱している程度です。最も東にある8号墳は、唯一横穴式石室が残っています。羨道は破壊されていますが、玄室は完存。玄室長3.5m、幅2.2m、高さ2.3mの疑似両袖式で、奥壁は横に二枚、側壁はやや胴張りでドーム状に持ち送っています。玄門も角礫できっちり構築。情報通り、市内では最大級の石室で、保存状態も良好です。

2号墳

5号墳

7号墳

8号墳石室

8号墳玄室奥壁

8号墳奧から

 2009年4月に市教委文化財課によって整備され、見学しやすくなりました。場所は矢作川を渡る平戸橋の東の丘陵上で、車では、東海環状自動車道豊田勘八ICの西1km、国道153号線沿いに案内標識があり、そこから標識に従って馬場瀬神社を目指して登っていきます。神社の前に駐車可能です。神社の社殿裏に2号墳、100mほど南に行くと3〜8号墳があります。1号墳は宅地開発で消滅しました。

樹木が伐採され、全体像が見やすくなりました

以前は、薮の中に埋もれていた3号墳も日の下に

8号墳には立派な説明板が整備

8号墳の石室も明るくなり、見学しやすくなってます

8号墳の美しい胴張り状玄室

滝1号墳

 元、豊田市御船町滝107に所在しましたが、東海環状自動車道建設に伴って、隣接地に移築されました。矢作川の支流の御船川右岸の丘陵上に築かれた4基からなる滝古墳群のうち、現存する唯一の古墳です。径17mの円墳で、横穴式石室が西に開口。全長7.25m、側壁は板石を小口積みして持ち送り、かなり幅が細くなっています。入り口部はハの字に開き前庭状になっています。

口明塚古墳

 豊田市御船町1311、株式会社Mifuneの敷地内にあります。滝1号墳の対岸になります。矢作川支流の御船川沿いの丘陵先端に築かれた径15mの円墳で、横穴式石室が開口しています。羨道は半壊していますが、玄室はほぼ完存。玄室長4m、幅1.6m、高さ2.2mの両袖式で、袖部には立柱石が残っています。奥壁は鏡石を横に二枚並べ、それ以外は小型の割石を丁寧に積み上げています。


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system