愛知県豊田市西部(矢作川西岸)の古墳


豊田大塚古墳

 県史跡。豊田市河合町1-10、超豪華マンションの裏にあります。径30mの円墳で主体部は平面形がバチ型をした横穴式石室です。全長8.7m、幅1.8〜2.5mの無袖式ですが、奧から5.12mと6.4mの位置に二ヶ所の間仕切があり、複室のような構造になっています。側壁はかなり持ち送りがあり、初期横穴式石室の形態を示しています。床面には白石を敷いた上に礫が二重に敷かれ、後室には棺台の平石が二ヶ所に置かれていました。奧、側壁には高さ50cmまで赤色顔料が塗られていました。現在石室は覆屋の中に現状保存されています。また、あまり知られていませんが、他に竪穴式石室も見つかっています。

樫尾1号墳

 野見山団地造成に伴い、陣中町の豊田市郷土資料館に移設されました。径10mの円墳で、外護列石が巡っていました。主体部は全長6.6mの横穴式石室です。

内山1号墳

 豊田市秋葉町九丁目8、トヨタ記念病院前の道を北側へ進み、橋を越えるとそのまま丘陵の切り通しに突入します。その橋を渡り終わったところに古墳の石碑が立っていて、そのすぐ背後の林の中にあります。径21mの円墳で複室構造の横穴式石室が残っています。羨道部は埋まっていますが、前室の天井部が開口していて、後室に入室できます。全長9m、後室長4.5m、最大幅2.5m、高さ2.4mの疑似両袖式で、典型的な東海タイプの構造です。

石室は天井石が露出

天井石が失われた前室部

後室奥壁

後室玄門部、奧から

車塚古墳

 豊田市指定史跡。永覚町車坂47-1、伊勢湾岸道すぐ北の上郷コミュニティセンター北側にあります。矢作川の河岸段丘先端に築かれた径23mの円墳ですが、古墳内に立ち入ることはできません。

 

三味線塚古墳

 豊田市神明、上記車塚古墳の東600m、東名高速豊田ジャンクションの北に接して神明遺跡公園があり、その中にあります。県道230号線沿いです。元々は30m南側の第二東名の敷地内にありましたが、調査後破壊され、公園内に再現されました。五世紀中頃の径29mの円墳で周濠が巡ります。主体部は墳頂から粘土槨が検出され、現在パネル展示されています。

  


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system