愛知県豊川市・御津町・小坂井町・音羽町の古墳


船山1号墳

 豊川市の名鉄国府駅北100m交差点にあります。全長94mの東三河最大の前方後円墳です。道路をはさんだ向かいの前方部裾に埴輪棺が復元展示されています。かつて北側に2号墳が存在してました。

久保古墳

 船山1号墳の南、東国府地区公民館前にあります。詳細不明。

 

赤塚山1号墳

 豊川市赤塚山総合公園内部に保存されています。径20mほどの円墳で赤塚山古窯に隣接しています。埋め戻されている主体部は横穴式石室ですが基底部のみ残されていました。現在見えている石材は単なる石のテーブルです。

 

念仏塚1号墳

 豊川市指定史跡。旧一宮町との境界上、豊川市長草町のシロキ精機工場の前にあります。古墳群が東名高速の工事で調査後ほとんど消滅し、現在は1号墳だけが保存されています。全長30mの中期前方後円墳です。

  

上野1号墳

 豊川市上野二丁目215の西光寺境内にあります。径12mの円墳で、周辺にはかつて上野古墳群が点在していましたが、現存するのは1号墳のみです。

 


御津船山古墳

 御津町指定史跡。船山1号墳の南1km、全長37mの前方後円墳で墳丘は良好に残っていますが、後円部墳頂に大きな盗掘坑があります。周濠の痕跡も認められますが、古墳の詳細は不明です。

 

穴観音古墳 【管理人推薦】

 御津高校裏にあります。径20m、高さ5mの円墳で、外護列石が三段に巡っていました。横穴式石室は全長8m、玄室幅2.1m、高さ2.5mで奥壁・天井石には巨石が使用されています。七世紀初め頃の築造とみられます。

金野古墳群

 御津町金野、穴観音古墳の西1.5kmの道路沿いに標柱が立っています。山の斜面一帯に12基の古墳がかつて存在しましたが、残っているのは道路沿いの7号墳のみで、しかも石室は側壁の一部がわずかに残存するだけです。これで町史跡とはね・・。

 

下林古墳

 音羽町の東海理化の工場東側の道路がすぐ北で切り通しを通ります。この東側の崖の上にあります。石室石材が露出しています。

  


五社稲荷古墳・糟塚古墳

 小坂井町五社稲荷神社境内にあります。本殿の建っている山が五社稲荷古墳で径32.5mの円墳です。本殿建設時に調査されましたが内容を知る成果はほとんどなかったようです。奥の院の裏には径17.5mの円墳の糟塚古墳が現状保存されています。

観音山古墳

 小坂井町小坂井、町役場の南500m、テニスコートの隣にあります。現状で径20mほどの円墳ですが、かなり改変されています。墳頂に、文字の彫られた巨石が置かれていて、横穴式石室の鏡石と考えられています。天井石が一部露出していると説明板に書かれていますが、現状では草に覆われて確認できませんでした。


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system