滋賀県守山市・塚之越遺跡

前期末の方墳群


●滋賀県守山市 塚之越遺跡

●2003年7月26日 現地説明会/守山市教育委員会

 宅地造成の事前調査で前期末頃の方墳3基を検出、最大の長方形墳は不整形の周溝をもち、溝から琴柱型石製品が出土しました。舌状の微高地上にあり、隣接地からは、弥生末期から古墳初頭の方形周溝墓、前方後方型周溝墓が見つかっており、微高地に沿って墳墓が継続的に築造されていったようです。

不整形な周溝をもつ方墳SX-1(19m×13.6m)

SX-1出土の琴柱型石製品とSX-2出土紡錘車、ほかにSX-3からは鉄斧3点が出土


inserted by FC2 system