赤穂市・塚山古墳群第 IIcde支群


 支群6号墳が県史跡。赤穂市有年牟礼、集落から北の谷間へ約1km、西側の山裾の道路沿いに説明板があり、そこからフェンス入口を入っていくと塚山古墳群第支群があります。かつては19基からなる群集墳と思われていましたが、第II、III支群の存在が記録にはあり、全体像は不明確でした。しかし近年、第支群から奧の谷間や背後の斜面が間伐され、2009年に測量調査が行われた結果、第II支群の全容があきらかになりました。第III支群は、さらに奧に存在すると思われますが、未調査のため不明です。第II支群は第支群の北側の緩やかな谷間の斜面にあり、5小支群16基からなります。調査の結果、第支群よりも多くの横穴式石室が良好に残っていました。 【管理人推薦】

  

8号墳

 IIa支群の北側の谷間にIIc支群7基が群集しています。支群の中核をなす小支群で、横穴式石室も良好に残っています。もっとも低地にある8号墳は径8mの円墳で、墳丘はすでに流失し、横穴式石室も半壊、埋没しています。現存長4.2m、幅1.7mで、奥壁付近は残っています。周辺には後世に加工された石材が散乱しています。

古墳の正面

玄室奥壁

9号墳

 9号墳は径15mの円墳ですが、墳丘、横穴式石室ともに支群中最大で良好に保存されています。石室は支群6号墳と同様に玄室に間仕切を持つ複室構造です。全長9m、玄室長6.8m、後室長3m、幅1.7m、高さ1.9m、羨道幅1mの右片袖式ですが、両袖式のようにも見えます。袖部には柱石を使用してないのですが、間仕切は立派な構造をしています。奥壁も巨石の二段積みで、側壁もしっかりした石積みです。

古墳の正面から

石室羨道部

前室から間仕切

後室奥壁

後室から間仕切

前室から入口方向

10号墳

 10号墳は径10mの円墳で、横穴式石室が開口しています。羨道がかなり埋まっていますが、全長5.6m、玄室長2.6m、幅1.8m、高さ幅1.6mの右片袖式で、玄門には柱石を立てています。

墳丘正面

石室内部

11号墳

 9号墳の11号墳は径10mの円墳で、横穴式石室は上部が崩壊しています。全長5.6m、幅1.4mの無片袖式で、石室内に石材が落ち込んでいます。

石室正面

玄室内部

12号墳

 10号墳の後ろにある12号墳は径13mの円墳で、墳丘は良好に残り、外護列石も一部残っています。横穴式石室は羨道が破壊されていますが、保存状態の良い玄室は間仕切で前後室に分けられています。全長7.7m、後室長2.3m、後室長3m、幅1.6m、高さ2m、羨道幅1.2mの無袖式です。ここも間仕切を立派に構築し、石材は10号墳よりは大きめです。石室内に板石が散乱していますが、何なのかは不明。

古墳の正面

前室

後室奥壁

奧から間仕切

13、14号墳

 11号墳の奧にある13号墳は径7mの円墳で、石材が散乱しています。その向こうにある14号墳は径11mの円墳で、横穴式石室は羨道が崩壊していますが、その向こうに玄室が開口しています。この石室も間仕切で玄室を区画していますが、仕切は右側壁に柱石だけを立てています。全長5.6m以上、後室長2.6m、幅1.3m、高さ1.3m、羨道幅1.2mの無袖式です。

13号墳、向こうにあるのが14号墳

14号墳正面

14号墳石室開口部、羨道は崩壊

玄室、向かって左にあるのが間仕切

後室奥壁

後室奧から


15号墳

 14号墳の50m奧に、単独で15号墳が存在し、IId支群とされています。一辺10mの方墳か多角形墳で、墳丘前面と側面に石積みがあり、前面に基壇状遺構があります。横穴式石室の入口の石材が露出していますが、内部は完全に埋没しています。

古墳の正面

石室正面、内部は埋没

墳丘前面の石積み

墳丘側面の四角い石材


16号墳

 8号墳から山林内を東に50m進むと、谷川にかかる堰堤の向こうの尾根先端に16号墳があります。ここも単独で存在し、IIe支群とされています。径10mの円墳と思われますが、墳丘は流失し、上部を失った横穴式石室が露出しています。全長6.4m、幅1.4mの規模で、羨道部は崩壊しています。奥壁の石材が印象的です。

石室正面

ユニークな玄室奥壁

玄室右側壁

奧から


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system