福井県敦賀市の古墳


中郷古墳群向出山古墳群 【国史跡】

 国史跡・中郷古墳群は向出山古墳群3基と明神山古墳群5基からなります。向出山1号墳は敦賀市坂ノ下の泉ヶ丘病院西にあります。径60mの県下最大級の円墳で、西側の平野に向かって方形の張り出し区画があります。墳頂に2基の竪穴式石室があり、多数の豪華副葬品が出土しました。隣にあった陪塚の2号墳は埋め立てられてしまいました。

実測図

手前が張り出し区画

 麓から1号墳へ向かう登り道の途中に3、4号墳があります。3号墳は径15mの円墳で、横穴式石室が開口・・・と言いたいところですが、最近閉鎖されたようです。全長7.2m、玄室長3.7m、幅2m、高さ2.7mの右片袖式です。市内では最大規模の石室です。北30mの竹林の中にある4号墳は径8mの円墳ですが、墳丘は流失し、右片袖式横穴式石室の一部が露出しています。なぜか3号墳とは逆に北を向いています。

道路沿いに説明板あり

石室入口、閉鎖されています。

隙間から覗いた玄室

4号墳、向こう側が奥壁


穴地蔵古墳 【管理人推薦】【県史跡】

 敦賀市櫛川の清掃センターへ向かう道の途中にあります。径11mの円墳と見られます。横穴式石室は玄室の残存長4.8m、幅1.6m、高さ4.8mの規模で、奥壁に石棚が遺存しています。石棚の上には室町時代の地蔵尊が祭られており、墳丘はかなり改変されています。

古墳の現状

石室正面

玄室奥壁、石棚

石棚の上


白塚古墳

 敦賀市縄間、交番の横の農道を西へ向かい、山に突き当たるあたりの農家の100m先、道路沿いにあります。草に覆われて、わかりにくいので注意。おそらく円墳で、横穴式石室は全長5mくらい、玄室は完存し、奥壁に石棚が付設されています。

石室開口部

玄室奥壁と石棚


沓丸山古墳

 敦賀市沓の常福寺東側に海に向かって低い尾根筋が延びていて、その先端部上にあります。墳丘はかなり流失し、天井を失った横穴式石室が露出しています。保存状態は良く、全長約7m、玄室長4m、幅1.8m、高さ1.8m以上の両袖式で、石材は全体に小さめです。六世紀後半の築造です。

羨道

玄室奥壁

玄門

玄室を奧から


沓横穴墓群

 敦賀市沓、上記の沓丸山古墳の東斜面に1〜3号墓があります。唯一2号墓のみ内部が覗けますが、ドーム状となっています。約200m北の斜面に4号墓があります。2012年に調査され、竪穴系横穴墓という珍しい構造であることがわかりました。室内はドーム状で、長さ2.5m、幅1.9m、高さ1.4m、玄室の前に竪穴状の掘り込みがあり、その前に墓道が続いています。常福寺の本堂裏の山裾に6号墓があり、ここも2012年に調査されました。

左1号墓、右2号墓

2号墓内部

3号墓

2012年に調査された4号墓、竪穴系横穴墓

4号墓内部、奧から入口

2012年に調査された6号墓


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system