長野県上田市北部の古墳


吉田原古墳

 市史跡。上田市蒼久保下青木のみすず台団地内にあり、墳丘、石室とも良く残っています。径15mの円墳で、横穴式石室は玄室長3.5m、幅1.8m、高さ2.15m、羨道長3.1m、幅1.1m、高さ1.7mの両袖式です。団地自治会によって大切に守られている様子が感じられますが、奥壁の石の隙間に謎の棒が突き刺さっています。

赤坂将軍塚古墳 【管理人推薦】

 市史跡。上田市殿城の赤坂集落入り口にあります。径18mの円墳で、横穴式石室は市内では最大規模です。玄室長5m、幅1.9m〜2.35m、高さ2.9m、羨道長3.5m、幅1.3mの両袖式で天井が高く、奥壁、天井、側壁最下段には巨石を使用しています。そのわりには玄門部はショボいですが。前壁は初めからあかり窓として開けているみたいに高いです。

塚穴古墳

 市史跡、赤坂将軍塚古墳から集落を谷奥へ登っていくと、棚田の中に石室が露出しています。墳丘はかなり流失していて、横穴式石室も玄室のみ残存しています。長さ2.7m、幅1.7m、高さ1.3mの右片袖式で、終末期頃の築造と見られます。

他にも古墳発見

 

 

新屋古墳群

 1号墳が市史跡、虚空蔵山南麓、上田市神科新屋集落の北端道路沿いにあります。上信越道のすぐ南です。4基の古墳が残っていますが、石室が完存しているのは1号墳のみです。径13mの円墳で、横穴式石室は玄室長3.5m、幅2m、高さ2m、羨道長1.5m以上、幅1mの両袖式で、奥壁は1枚石、側壁は下段に大きい平石を立て、その上に平石を小口積みし、上部は持ち送っています。終末期頃の築造です。

1号墳

1号墳奥壁

1号墳入り口部

 

 

矢花の七つ塚古墳群

 市史跡、新屋1号墳の南400mの果樹園の中に破壊された横穴式石室が4基点在しています。元は7基あり、名称は新屋5〜11号墳になりますが、現存するのは、6、8、9、11号墳です。

8号墳、保存は最も良い

11号墳

9号墳

 

 

カンカン塚古墳

 上野の上田市立第五中学校の校庭にあり、現存長4mくらいの小型の横穴式石室が開口しています。かつては石材が完全に露出していましたが最近盛り土されたみたいです。

 

 


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system