長野県上田市南部の古墳


神宮寺古墳 【管理人推薦】

 市史跡。上田市下室賀、専念寺の北100mに標識があり、そこから山を100mほど登った斜面にあります。24m×18mの円墳で、横穴式石室は玄室長4.45m、幅2.2m、高さ2.23m、羨道長3.25m、幅1.48m、高さ1.33mの巨石を使った両袖式で、東側壁が迫り出していますが、ほぼ完存しています。

他田塚(おさだづか)古墳 【管理人推薦】

 市史跡。上田市下之郷の上田リサーチパークにある「いにしえの丘公園」内に保存されています。東山山麓に築かれた18.5m×17.2mの円墳で、横穴式石室は南西に開口し、全長9.9m、玄室長6.3m、幅2m、高さ2.5mの無袖式です。壁は最下段に大きな自然石を立て、その上に小型の自然石を小口積みしています。馬具、武器類、装身具、須恵器など多様な副葬品が出土し、七世紀前半の築造と見られます。

塚穴原古墳群 【管理人推薦】

 1号墳が市史跡、同じく「いにしえの丘公園」内に保存されています。1号墳は径21mの円墳で、葺石、周溝が認められます。横穴式石室は全長7.2m、幅2.5m、高さ1.5mの無袖式、入り口部で床面に段差があります。馬具、装身具などの副葬品とともに5体以上の人骨が出土し、家族で埋葬されていたようです。六世紀後半の築造です。隣にある2号墳は径15mの円墳で墳頂が陥没していますが未調査のため、内容は不明です。

1号墳

1号墳奥壁

1号墳入り口部

2号墳


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system