大分県宇佐市西部の古墳


久々姥古墳群 【県史跡】

 宇佐市山下字久々姥、国道10号線から県立宇佐支援学校へ向かう途中の駐車場そばにあります。1号墳は径25mの円墳で、横穴式石室がわずかに開口。隙間から撮影したところでは内部も良好に残っていそうです。複室構造で後室長3m、幅2m、前室長1.6m、幅1.3mとなっています。

1号墳、墳丘

1号墳、横穴式石室開口部

1号墳、横穴式石室内部

1号墳、横穴式石室玄室拡大

 2号墳は民有地にあります。径15mの円墳で、こちらも横穴式石室です。

 


葛原古墳 【国史跡】

 宇佐市葛原字久々姥、国道10号線宇佐市消防本部の北1kmの農地の中にあります。五世紀後半、径53m、高さ6mの大型円墳で、墳頂に竪穴式石室が露出しています。2.5×1.3×1.2mの大きさで、側壁は大型の板石の上に割石を積み上げ、床面には板石を敷いています。室内は板石で縦に二分割されています。甲冑、鉄剣、銅鏡、勾玉など副葬品が多数出土し、特に甲冑類は大分県でも数少ない鉄製短甲で、中でも眉庇付冑は県内唯一の出土例です。古墳のさらに北1kmのところには第二次世界大戦時の城井掩体壕群【市史跡】が残っているのですが、これが遠目には古墳群に見えますので、ご注意。

 

石碑だらけ

竪穴式石室の覆屋

竪穴式石室
 

  城井1号掩体壕、後ろから見たら円墳にしか見えません


凶首塚古墳 【県史跡】

 宇佐市北宇佐、国道10号線北宇佐交差点から1本北の市道に入り、東へ進むと標識が出ています。墳丘はすでになく、横穴式石室の玄室側だけが完全露出して残されています。天井石、奧、側壁とも巨石1枚で構成されています。すぐ近くの市道沿いにも、巨大な木の切り株に押しつぶされた石室の残骸が残っています。

石室正面

石室内部

裏から、左が奥壁

近くにあった、破壊石室


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system