五世紀前半の箱式石棺から人骨出土


滋賀県大津市神宮町・宇佐山古墳群

 2010年07月04日現地説明会/滋賀県教育委員会・財団法人滋賀県文化財保護協会

 毎年、百人一首かるたの名人・クイーン戦が行われる近江神宮のすぐ裏山にある宇佐山古墳群が、砂防工事のため調査されました。その結果、古墳と認識されていなかった位置で13号墳を新規発見。内部に赤色顔料が塗られた箱式石棺の中から、頭蓋骨が見つかりました。まだ古墳群自体調査中ですが、出土品の保存のため、13号墳だけの現地説明会が先行して行われました。13号墳は墳丘がほとんど流失していましたが、箱式石棺は未盗掘で、完存。頭の付近に赤色顔料が塗られ、埋まっていなかった頭蓋骨の部分だけが残っていました。被葬者は20〜40歳の男性と推定されます。石棺内には副葬品はなく、石棺外から鉄剣、鉄鏃、砥石が出土しました。蓋石は四枚で、頭の上の一枚だけが丁寧に加工されています。現地は琵琶湖を見下ろす標高の高い斜面で、五世紀前半頃の、琵琶湖と関わる氏族の墓と思われます。

 

   古墳からの眺め、手前のマウンドは8号墳

墓坑と箱式石棺

箱式石棺の頭付近、真赤に塗られている

箱式石棺の蓋、左が頭の側

残っていた頭蓋骨、目玉の奧まで真赤


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system