熊本県宇土市東部の古墳


楢崎古墳 【県史跡】

 宇土市花園町字楢崎、宇土市スポーツセンターの北西の丘陵上に築かれた全長46m、後円部径35mの前方後円墳で、道路に標識が出ています。大正10年の調査で、後円部に組合せ式家形石棺2基、くり抜き式舟形石棺1基、石蓋土壙1基、前方部に組合せ式箱式石棺1基が見つかり、現在すべてが覆屋の中に保存されています。五世紀中頃の築造とされています。

 

右側が前方部

前方部と覆屋

前方部の5号箱式石棺

後円部と覆屋

手前が1号家形石棺、奧が2号舟形石棺

奧が3号家形石棺、手前が4号石蓋土壙


晩免古墳 【市史跡】【装飾古墳・花園陵墓参考地】

 宇土市立岡町晩免、立岡公民館の南200mの小さな独立丘陵上にあります。宮内庁により管理されているため、古墳本来の姿は見ることができません。明治19年に調査され、その時の記録によると、主体部は組合せ式家形石棺で、蓋石の長辺に各三個の縄掛環が、短辺に各一個の円柱状縄掛け突起がありました。装飾は蓋石斜面に長方形の区画があり彫刻のようなものもあったと考えられます。また身の内側には北と西の壁面に各二個の造り出し突起があり、その下に円紋、菊花紋が浮き彫りされていました。菊花紋については偽刻との説もあります。


潤野古墳 【装飾古墳】

 宇土市立岡町、晩免古墳の南300m、林の中の小道を登っていった丘陵上にあります。明治16年に偶然、家形石棺が発見されましたが、その後石棺が石垣で覆われて、その上に古墳と刻まれた石碑が建てられています。石棺は蓋石が破壊されており、長辺に二個ずつ縄掛け環があります。装飾は身の内側西壁に造り出しの突起が二個あり、その上に鋸歯紋、間に二個の円紋、下に二個の円紋が線刻されています。また北壁には三個の円紋が並んでいます。


三拾町板碑転用石障材(高濱武蔵守逆修碑) 【装飾古墳】

 宇土市三拾町中野、有料老人ホーム六花苑の南となりにあります。1582年に建立された石碑に1999年、装飾が発見され、この石材が五世紀後半頃の古墳の横穴式石室・石障材の転用であることがわかりました。装飾は、線刻で直弧紋と円紋が描かれ、赤色で彩色されています。中世の石碑としても、古墳の装飾石材としても貴重な文化財ですが、いまだ無指定で、雨曝しです。

2002年の姿、装飾が良く残っている

2013年の姿、苔が増殖

装飾全体像(2002年の状態)

中央右寄りの直弧紋

左の画像の一部拡大、直弧紋の一部

右下端部の拡大

下部、下端の円紋が並び、上部に大きな直弧紋が描かれる

左の画像の下端の円紋拡大


宇土城石垣の古墳石材 【装飾古墳】

 宇土市神馬町の市史跡「宇土城跡」隣接地(三ノ丸跡)で、過去の工事中に発見された石垣の中に古墳の石材が多数有り、うち、線刻画のあるものが現在、浦田町の市立図書館敷地内に移設されています。線刻画は四石五ヶ所にあり、それぞれ(1)舟?、(2)鳥と木の葉?、(3)櫂と屋形のある舟、(4)櫂と屋形と旗のある舟二艘、(5)不明紋様が描かれています。ただし、現状ではかなり磨滅しており、特に昼間は、確認するのは困難です。

舟?

鳥と木の葉?

櫂、屋形のある舟

櫂、屋形、旗のある舟

不明


西岡台箱式石棺 【国史跡】

 宇土市神馬町の国史跡「中世宇土城跡(西岡台)」の敷地内に現地保存されています。宇土城跡は二ヶ所ありますので、ご注意。安山岩の板石を組合せた187×35cmの細長い箱式石棺で、内部は赤く塗られています。人骨が一体埋葬されていました。


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system