熊本県宇土市西部の古墳


椿原古墳 【市史跡】【装飾古墳】

 宇土市椿原町、つつじヶ丘農村公園の工事中に発見され、調査後も現地に保存されています。発見時、すでに墳丘は失われていましたが、一辺19mの県内唯一の方墳です。裾には列石が並び、周溝が巡っていました。横穴式石室は全長6.5m、玄室長2.6m、幅2.3mの単室構造で、石材はほとんど安山岩ですが、玄門のみコの字に加工した馬門石を二枚組み合わせています。装飾は羨道左側壁に線刻で帆、格子紋が描かれています。

古墳の現状

現在は天井石のみ露出

発掘調査時の玄門、阿蘇ピンク石なのがわかる

以前の姿、内部を土嚢で保護していた。


東畑古墳 【装飾古墳】

  玄室左側壁の線刻

 宇土市恵塚町東畑、つつじヶ丘農村公園から、山側へ行くとすぐに、左へ入っていく農道があり、曲がってから100mほどで右側に天神社があります。社殿背後の林の中に東畑古墳があります。墳丘はほとんど残っていませんが径26mの円墳と推定されています。横穴式石室もかなり破壊され、石材が散乱していますが、奥壁付近は良く残っており、石棚があるはずですが、埋もれています。玄室長2.9m、幅1.8m、羨道長2.6mの規模で、一部に切石を使用しています。装飾は奥壁と玄室左側壁に線刻画がありますが、ほとんど埋もれているので、紋様は不明です。

古墳の現状

石室正面側

玄室奥壁付近

奥壁の線刻

玄室左側壁

玄室左側壁の線刻

 天神社の石段の横に東畑2号墳があります。一見、古墳には見えませんが、石室の石材が一部露出しています。玄室右側壁材と思われる石材は、内側が綺麗に整えられているので、埋もれている部分に線刻が隠れている可能性があります。

石段脇に石材露出

おそらく玄室右側壁材


仮又古墳 【県史跡】【装飾古墳】

 宇土市恵塚町仮又965-6、東畑古墳から西の谷間へ下ると、谷間の道路のすぐ近くに、仮又古墳の看板があります。そこから川を渡って、5分ほど急坂を登ったところにあります。墳丘はほとんど残っていませんが、12×14mの不整円墳で、現在横穴式石室が露出しています。全長5.96m、玄室幅1.77m、高さ1.66mの無袖式で、玄室の両側壁に線刻画が描かれています。東側壁には10隻の舟(準構造船や帆をあげた舟)と木の葉紋が重なって描かれ、西側壁には帆かけ舟が写実的に描かれています。西側壁には文字も書かれているため、西側は後世のものではないかと言われています。石室内は現在埋め戻されているため、装飾を見ることはできません。登る途中に仮又2号墳があり、こちらは形の良い墳丘が残った円墳ですが、未調査です。おそらく主体部は横穴式石室で、線刻画がある可能性は充分です。

石室が露出、内部は埋められている

石室横から

麓近くの2号墳


梅崎古墳 【市史跡】【装飾古墳】

 宇土市笹原町字梅崎、住吉中学校北側の丘陵上にあります。東麓のお堂の横から登っていくと尾根上に墓地があり、その右奧にあります。円墳と思われますが、墳丘はまったく失われ、現在は横穴式石室の玄室左側壁だけが露出しています。この石材には線刻画が残っています。長さ1.29mの大きな船を描いていて、前後がそり上がり、20本以上の櫂を備えています。さらに重なるように2隻の船も表現されています。

墓地の奧に石材露出

線刻の残る玄室左側壁材

大きな船の線刻画だが、苔が多くわかりにくい

反り上がった船尾のあたり


ヤンボシ塚古墳(高丸古墳群) 【市史跡】【装飾古墳】

 宇土市上網田町、国道57号線を中野商店のところから東へ入り、田平公民館の東200mにあります。径25mの円墳で、発掘調査により明らかになった横穴式石室は玄室長2m、幅1.3m、板石を積み上げ、石障を巡らせた肥後型石室で、内部は赤く塗られ、二ヶ所に装飾が見られます。羨道はややハの字に開いています。天井が失われていますが、玄門の閉塞石がそのまま残っていました。装飾は、石障に円紋が二個彫り窪められており、本来は左右石障材に三個ずつあったと考えられます。また、袖石内側と側壁の二ヶ所に帆柱のあるゴンドラ船が線刻で描かれています。なお、ヤンボシ塚の周辺は高丸古墳群とされていて、石室材があちこちに露出しています。

古墳の現状

墳丘上に石材散乱

高丸古墳群の石材

高丸古墳群の石材


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system