栃木県宇都宮市北部の古墳


北山古墳群

 宇都宮市岩本町の北山霊園南側の林の中にあります。丘陵上に築かれた3基の前方後円墳と5基の小円墳からなり、元はもっと古墳が存在したようです。

 ■権現山古墳 【管理人推薦】

 市史跡。丘陵の最南端にある全長40m、後円部径22mの前方後円墳で、裾付近に葺石が見られ、埴輪片が出土しています。後円部に横穴式石室が開口。全長8.05m、玄室長5.05m、幅1.25m、高さ1.75m、羨道長3m、幅0.8m、高さ1.1mの無袖式で、非常に細長い構造です。奥壁は凝灰岩の割石二枚を上下に積み、側壁は凝灰岩の割石乱石積み。玄門部は張り出していない袖石と一段低い天井で区別し、羨道には途中に閾石と、倒れた玄門部の閉塞石と思われる板石があります。ひょっとしたら、玄門部と手前の閾石の間は前室なのかもしれません。群馬県の前二子古墳の石室と類似していて、六世紀前半、県内でも初期の石室と考えられています。

石室開口部

羨道部、途中に閾石と倒れた閉塞石?がある

玄室奥壁、割石を上下二段に積む

奧から玄門部、仕切石が敷かれている

 ■雷電山古墳

 市史跡。権現山古墳の北100m、霊園のすぐ南にある全長41m、後円部径24mの前方後円墳で葺石が見られます。後円部に横穴式石室がありますが、現在は埋められていて見学できません。明治時代の記録によると、全長6.3m、玄室長3.57m、幅1.3mの両袖式で、凝灰室砂岩の割石積みのようです。権現山に次ぐ古墳と見られます。

 

 ■宮下古墳

 市史跡。雷電山から道路を150mほど進んだ丘陵最高所にあります。全長43m、後円部径31mの前方後円墳で、後円部に横穴式石室がありますが、現在は埋められています。明治時代の記録では全長8.48m、玄室長4.39m、幅1.69m、高さ2.49m、羨道長4.09m、幅0.82m、高さ0.7mの片袖式のようです。六世紀後半、雷電山の次に築かれたと見られます。宮下古墳の南側に5基の小円墳があります。

宮下古墳

小円墳群


谷口山古墳 【管理人推薦】

 市史跡。宇都宮市長岡町の北東端、田川橋の西の宇都宮教会駐車場にあります。丘陵先端に築かれた径29mの円墳ですが、墳丘はかなり削られて横穴式石室の前部が露出しています。全長7m、玄室長5.5m、幅1.7m、高さ1.57m、羨道長1.5m、幅0.8mの右片袖式で、羨道は側壁の一部と天井を失っています。羨道の前に墓道があったようです。奥壁は巨大な1枚石、側壁は巨石と小型の石材を組み合わせて積み上げ、床面には板石や玉石を敷き詰めています。玄門と玄室の中央に仕切石が設けられています。古墳の保存状況は良くないのですが、発掘調査の結果、石室は盗掘を受けていないことがわかりました。副葬品や人骨の出土状況から数回の追葬が行われていたようです。

古墳の現状、覆屋と柵で石室が保護されています

石室開口部

玄室奥壁、巨大な1枚石

奧から外

長岡横穴墓群(長岡百穴古墳)

 県史跡。宇都宮市長岡町の国道119号線すぐ北側にあります。凝灰岩の露頭に現状で52基(東群44基、西群8基)の横穴墓が、三段にわたって掘られていますが、風化が進み、奥壁に後世、仏像が彫られている物が多く、原型を留めている物はあまりありません。特徴としては、羨道がなく、玄門からすぐ墓道となっています。古くから開口しているため、遺物がまったく知られておらず、造墓時期や被葬者などは不明です。

東群

多くの奥壁に仏像が彫られている


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system