京都府宇治市・八幡市の古墳


二子塚古墳

 宇治市五ヶ庄、西方寺の隣にあり、現在、古墳公園となっています。本来は二重周濠を持つ全長105m、後円部径60mの前方後円墳ですが、後円部は削平され、周濠も南西側の四分の一しか残っていません。主体部は後円部の横穴式石室でしたが、1987年の調査で、その基礎工事の部分だけが見つかりました。基礎の大きさだけで18m×9mもあり、残されていた巨大な石材から考えても、蛇塚に匹敵する巨大石室が存在した可能性があり、破壊されたのがとても残念です。

一見、とても保存の良い前方後円墳に見える

実測図


隼上り古墳群

 宇治市莵道西隼上りに存在した3基からなる古墳群ですが、京滋バイパス宇治東インターの建設で消滅し、現在は2号墳石室が北側隣接地に、3号墳石室が宇治市歴史資料館に移築復元されています。2号墳は径30mの円墳で、横穴式石室は基底部しか残っていませんが、全長9.15m、玄室長3.65m、幅1.95m、羨道長5.5m、幅1.6mの比較的大きな右片袖式で、玄室床面には丸い礫を敷き、羨道とは、仕切石で区別しています。六世紀後半の築造です。

2号墳玄室奥壁(草刈り実施後)

2号墳玄室奥から

 3号墳はバイパス工事で発見された径12mの円墳で、横穴式石室は全長7m、玄室長4m、幅1.4m、羨道幅1mの右片袖敷きで、玄室には大きめの石を敷いています。壁面が平らに整えられていて、六世紀終わり頃の築造です。

宇治市歴史資料館に移築された3号墳石室

3号墳石室奧から


莵道(とどう)1号墳

 宇治市莵道谷下りで発見された径14mの円墳で、石室だけが現在三室戸小学校の敷地内に移築されています。上半分は失われていましたが、全長約5m、幅1.2mの気持ち右片袖式です。

石室正面

奥から


西山古墳 【市史跡】

 宇治市小倉町西山75-8、住宅地の中に保存されています。以前は「石のからと」と呼ばれ、破壊された横穴式石室が露出していたらしいのですが、50年前に土地の所有者が石室保存のために自力で盛り土をして墳丘を復旧し、今日まで守り続けてこられたそうです。凄いことですね。尊敬しちゃいます。2010年に発掘調査され、天井部を失った横穴式石室が検出されました。径10mの円墳で、石室は全長6.5m以上、玄室幅1.8mの両袖式。遺物は全く有りませんでしたが、石室の形態から六世紀後半頃の築造と思われます。石室は現在埋め戻されています。

 


女谷・荒坂横穴群

 八幡市美濃山、第二京阪道路建設予定地内に存在した隣接する横穴群で、本来は一つの横穴群と思われます。西側の女谷横穴群はABC3群に分かれ、事前調査では谷間を挟んで天井を失った横穴群が比較的良好に残っていました。また、排水溝や墓道も残り、集団墓地としての構造が明らかになりました。現在は道路が完成し、調査値は消滅しています。

女谷B支群、道路の橋脚が迫る。右奧に荒坂横穴群

谷間に残る墓道

谷間の墓道を挟んで向かい合うB支群の横穴群

横穴の残存状況

 2013年度に新名神高速道路の予定地内で、21基の横穴墓が新たに調査されました。今回の調査では、全体の保存状態が良く、天井がアーチ型と三角形の二種類あり、入口を土砂で閉塞していましたことがわかりました。ほとんどが木棺ですが、横穴11のみ石棺が置かれていました。人骨も多数出土し、古墳時代後期から一部奈良時代まで複数回追葬されていたようです。今回の調査地は横穴群のある丘陵の東側斜面のほんの一部であり、まだまだ多数の横穴墓が埋まっていそうです。

 

横穴11、奧に石棺あり

横穴12の土器の出土状況

横穴20の土器出土状況

非常に状態の良い須恵器群

横穴11の組合せ式石棺材

金銅製耳環


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system