兵庫県朝来市(旧和田山町東部)の古墳


岡田古墳群

 和田山町岡田。県道273号線と274号線の交差点付近に点在する古墳群で、現存5基(前方後円墳2、円墳3)です。交差点そばの独立丘陵上に小丸山(小盛山)古墳【県史跡】があります。丘陵の周囲が削られて、ものすごく背の高い古墳に見えますが、丘陵頂部を整形して築かれた全長60m、後円部径30mの前方後円墳で、古代の交通路である谷間の三叉路の中心に位置する絶好のロケーションです。北東300mの台地先端部に長塚古墳があります。全長30mほどの前方後円墳ですが、前方部がかなり破壊されて一見2基の円墳に見えます。その東100mに冑塚古墳があります。径30mくらいの大型円墳です。小丸山古墳の東300mの県道添いに岡田2号墳があります。円墳ですが、周囲をかなり削られています。その北東100mの墓地に岡田1号墳があります。

小丸山古墳

長塚古墳

冑塚古墳

 

岡田1号墳

岡田2号墳

 2014、5年に長塚古墳で発掘調査が行われ、前方部の端部が検出されて、主軸の方向が確定しました。推定全長は70mほどになります。葺石、周溝はなかったようです。

前方部端を検出したトレンチ

墳丘は、黒色と黄色の二種類の土を積み重ねている

前方部から見た後円部、墳丘はかなり破壊されている


野村1号墳

 和田山町野村。上記岡田1号墳の東500mの市道添いにあります。周囲を削られた径10mほどの円墳で、石材が露出しているそうですが、薮におおわれてよくわかりません。

久田和古墳群

 和田山町久田和。県道273号線の南側にある久田和集落の西のはずれの農地にあります。現在隣接する2基の円墳が残されていますが、1号墳【市史跡】の横穴式石室が露出しています。入口は完全に埋没していますが、奥壁側の石材が落下し、開口しています。全長7.8m、玄室長4m、幅1.8mの両袖式で、床は1mほど埋まっていそうです。玄門から羨道を覗き込むと、入口部は閉塞石が完存しているように見えます。六世紀末頃の築造です。

右が1号墳、左が2号墳

1号墳石室、奥壁側が開口している

玄室奥壁

 

玄門部


白井塚本古墳群

 和田山町白井、県道273号線をさらに東へ進み、宮村バス停から左の広い道路を300mほど進むと、右側の農地の中に、3基の円墳が固まって残されています。北側の最大の円墳は、現状で径8mほど、石材が一部露出しています。西側の円墳は、横穴式石室の石材がもっとも露出しています。東側の円墳は、ほとんど削られて残骸状態です。

古墳群の全景

左写真の中央の最大の円墳

上写真の右側の円墳

 

左側の円墳


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system