宮城県亘理町


竹の花横穴墓 【管理人推薦】【装飾古墳】

 亘理町逢隈鹿島寺前北、特別養護老人ホーム第二日就苑の北側にあります。古墳時代に築かれ、平安時代初期に現在の姿に改造されたと考えられる超大型の横穴墓で単独で存在します。玄室は6m×6m、高さ2.5mの規模で天井は屋根型、奧・両側壁には棺台が計8基作り付けられていました。羨道は長さ6.2m、幅8.2m、羨門には閉塞用の溝と支柱の跡が残っています。玄室にも支柱跡があります。玄門の側壁などに赤色顔料による彩色が残っています。羨門前にも広大な前庭部が広がり、祭祀が行われていたと思われます。

横穴墓正面

玄室奥壁、棺台・支柱は破壊されている

玄門左側壁、赤色顔料が残っている

羨道右側壁にも残る赤色顔料


長井戸古墳群

 亘理町長瀞字長井戸、吉田小学校東側の丘陵上にある古墳群で、前方後方墳1、方墳1、円墳4基が南北に並んでいます。丘陵東側のセブンイレブン裏に説明板がありますが、こちらからは登れません。南端にある前方後方墳は全長40m、後方部幅24m、前方部幅17mの規模で前方部を東の平野に向けています。となりには一辺7mの方墳が隣接しています。北側の円墳群は完全に薮に覆われて見学は困難です。五世紀頃の築造と推定されています。

セブンイレブン裏に説明板、ここからは登れません

前方後方墳

方墳


大塚古墳

 亘理町吉田字大塚、浜吉田駅の真北1kmの水田中にあります。海岸に近い平野部に砂も盛って築かれた径33m、高さ4mの円墳です。未調査ですが採集された埴輪片から五世紀代の築造と考えられます。

 


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system