岡山県矢掛町の古墳


橋本荒神塚古墳 【管理人推薦】

 町史跡。矢掛町里山田、荒神宮の裏に開口する径20mの円墳です。横穴式石室は全長7m以上、玄室長5.85m、幅2m、高さ2.35m、羨道長1.2mの両袖式で、奥壁の前、高さ1mのところに奥行き1.5mの石棚があります。石棚は奥壁とは独立しており、床との間に支柱石がありますが、見た所、ほとんど支えにはなっていません。

神社の本殿裏に石室開口

石棚のある玄室奥壁

石棚の下。支柱はほとんど支えの役目を果たしていない

奧から外

池尻1号墳

 矢掛町里山田。山田小学校の北西にある雷師宮神社の鳥居前の道を左に進むと、200m先の右側の薮の中にあります。径15mほどの円墳で、小型の横穴式石室が開口、全長6.5m、幅1.5m、高さ1.7mの無袖式で、側壁は内側に傾斜しています。他にもいくつか古墳があるようですが、見つからず。

薮の中の墳丘

石室正面

玄室奥壁

奧から外

小迫大塚古墳 【管理人推薦】

 町史跡。矢掛町南山田、中山の南斜面に単独で立地する一片23〜27mの終末期の方墳で、周囲に空濠が巡ります。大型の横穴式石室は全長10.7m、玄室長6.5m、幅2.4m、高さ2.3mの両袖式で、切石に近い巨石で築かれ、保存状態は良好です。

石室正面、モダンな天井石がイカス

羨道

玄室奥壁、巨大な1枚石

奧から外

向山古墳 【管理人推薦】

 矢掛町向山、浄化センター裏に石室が開口しています。径20mの円墳で、横穴式石室は全長12.2m、玄室長7.6m、幅2.1m、高さ1.8mの両袖式です。玄室には箱式石棺が残されていますが蓋石の角を丸く加工した優美な形態です。石棺付きで、これだけ保存状態の良い大型の石室が、なぜほとんど知られていないのでしょうか、まったく疑問です。

日妻古墳群

 矢掛町日妻、日妻公民館の東500m、県道155号線の終点(車は行き止まり)から、さらに南に100mほどすすむと、左に常夜灯があり、その裏に1号墳の石室が開口しています。径10mの円墳で、横穴式石室は現存長4.5m、幅1.7m、高さ1.9mの規模で、羨道部は失われています。道を20mほど戻ると、薮の切れ目があり、そこから50mほど、薮の中を進むと、2号墳があります。径8mの円墳で、石室は現存長3.5m、幅1.4m、高さ1.6mの規模で1号墳よりは小型で、羨道部は埋まっています。

1号墳

1号墳石室

2号墳

2号墳石室

王子の前古墳

 矢掛町江良、日妻古墳群から広域農道を東へ1kmほど行くと、左側の谷間の入り口に石室が露出しています。玄室のみが残存していて、長さ4.3m、幅1.1m、高さ1.4mの規模です。


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system