山形県上山市


上矢倉古墳群 【県史跡】

 上山市金谷311-1、老人ホーム長寿園の敷地内にあり、3基の古墳が残っています。1号墳は径13mの円墳で、周溝が巡ります。墳頂に箱式石棺が露出しています。柱状節理の石英粗面岩を縦に並べて側壁を造り、四枚の平石で蓋をしています。見学の際は受付に申し込んでください。

周溝もきっちり保存

箱式石棺

箱式石棺内部

 建物の奥の方にある2号墳は全長17m、後円部径10.7mの前方後円墳ですが、現在墳丘は元の姿を留めて居ません。一部に葺石が良好に残っています。主体部は1号墳と同様、なのだそうです。3号墳は敷地の西端にある径15.2mの円墳で、周溝が巡ります。主体部は破壊されていました。現在、周溝も含めて墳丘が復元されているのですが、雑草に覆われています。

2号墳

2号墳、葺石

3号墳


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system