山口県田布施町・防府市の古墳


後井古墳群 【管理人特選】

 県史跡。山口県田布施町の田布施駅西北西2kmの標高62mの丘陵上にあります。東西に2基の円墳が双円墳のように並び、ともに大型の横穴式石室が開口しています。

 第1号墳

 径15mの円墳で、山口県最大の石室が南南東に開口。全長11.9m、玄室長6m、幅3.5m、高さ3.55m、羨道長5.9m、幅1.6m、高さ1.8mの左片袖式で、玄門部は天井が一段低くなっています。奥壁や天井には巨石を使用し、側壁には上部にやや持ち送りが見られます。玄室空間は巨大で、大和の古墳にも負けていません。

右が1号墳、左が2号墳

1号墳石室正面

 玄室奥壁

玄門部、袖部が広い

 第2号墳

 径11mの円墳で、同じく南南東に開口する石室は全長7.4m、玄室長3.5m、幅2.7m、高さ3.5m、羨道長3.9m、幅1.3m、高さ1.5mの両袖式です。構造が特異で、背の高い大型の玄室に対して、小型の石材を乱雑に積み上げた幅の狭い羨道にはかなりのギャップを感じます。とってつけたような袖石(構造的にはおそらく無意味)が立っていて、玄室床面には大型の石を敷いています。

石室正面

玄室奥壁、巨石を横に並べる

玄門部、とってつけたような袖石が立っている

玄室に比べて、粗雑な羨道


大日古墳 【管理人特選】

 国史跡。山口県防府市高井の防府病院北に隣接する墓地にあります。西目山麓に築かれた全長45mの前方後円墳で、後円部に横穴式石室が開口しています。全長12.8m、玄室長3.6m、幅2.1m、高さ2.3m、羨道長9.2m、幅1.8m、高さ1.3〜2mの両袖式で、花崗岩の巨石を使用しており、玄室側壁の上段が内傾する岩屋山式石室の特徴を示しています。羨道は、天井石のない前庭部も含めて、奥へ行くほど幅、高さが狭くなり、視覚効果を狙っています。玄室内には山口県では唯一の竜山石製家形石棺が完存しています。

石室正面

家形石棺の保存状態は良好

玄室奥壁と家形石棺

玄門部

車塚古墳 【管理人推薦】

 市史跡。山口県防府市車塚町の天御中主神社(妙見社)境内にある全長55mの西面する前方後円墳です。墳丘は社殿のため、かなり削られていますが、前方部、後円部それぞれにほぼ同規模の複室構造の横穴式石室が開口しています。西石室は柵で囲まれており、内部に入ることができませんが、現存長8.2m、玄室長4.3m、幅2.3m、高さ2.1m、前室長2.6、幅1.9m、高さ1.7mの両袖式で、羨道部はほとんど残って居ません。東石室は、入り口に社が建っていて、内部を窺うことができませんが、現存長8.1m、玄室長4.5m、幅2.3m、高さ2.5m、前室長1.9m、幅1.9m、高さ1.8mの両袖式で、羨道部はやはりほとんど残って居ません。実測図を見ると、奥壁に沿って、棺台か屍床のようなものがあります。

西石室正面

西石室羨道

西石室玄門部

東石室、社の格子戸の隙間から覗く

鋳物師大師塚(いもじだいしづか)古墳 【管理人推薦】

 市史跡。山口県防府市鋳物師町1247の鋳物師会館裏にあります。墳丘はかなり削られていて、巨大な横穴式石室が露出しています。全長10.8m、玄室長3.7m、幅2.8m、高さ2.9m、前道長2.4m、羨道長4.7m、幅2.3m、高さ2.4mの複室構造の両袖式です。花崗岩の巨石を使用しており、玄室規模は市内では最大級です。

石室正面

側面より

玄室(奥室)奥壁、巨大な1枚石

奥室から前室を見る。両端の石が奥室の袖石

岩畠古墳 【管理人推薦】

 防府市岩畠二丁目の住宅地の中にあり、高く茂った樹が目印です。丘陵先端に位置し、墳丘は周囲が削られていますが、径20mほどの円墳と思われます。ほぼ完存する横穴式石室は全長9m、玄室長4.5m、幅2.5m、高さ3m、羨道長4.5m、幅2.3m、高さ2.4mの両袖式で、花崗岩の巨石を使用した市内でも最大級の大型石室です。六世紀末から七世紀初頭の築造と考えられます。

古墳遠景

羨道部

玄室奥壁、これも巨大な1枚石

玄門部、床の仕切石?が不自然。

惣社古墳

 防府市多々良一丁目9番地(旧惣社)の佐波神社東の丘陵先端にありますが、石室の前が崩れて、崖っぷちに開口しています。6世紀後半の径16mの円墳で、横穴式石室は全長7.8m、玄室長3.1m、幅2.25m、高さ2.35m、羨道長4.7m、幅1.5m、高さ1.4mの両袖式で、奥壁は巨大な1枚石、天井や玄門にも巨石を使用しています。

開口部

奥壁

玄門部、奥より

羨道より玄門部


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system