山形県米沢市南部


長手2号墳 【市史跡】

 米沢市長手上郷3789、長手公民館のすぐ西の橋の東詰から川沿いに南へ500m進んだ山麓にあります。9基あるということですが、笹薮に覆われて2号墳以外は判別できません。2号墳は径12mの円墳で、横穴式石室が開口。玄室長2.5m、幅1.8m、高さ1.8m、羨道長2.26m、幅1.5m、奥壁は縦長の一枚石で、玄室はやや胴張り状です。終末期の古墳です。

墳丘

石室開口部

石室内部

玄室奥壁


木和田古墳

 米沢市木和田。米沢市立第七中学校の真東1km、集落の東奧の山裾にある民家裏の果樹園内にあり、隣りに市文化財の木和田窯跡があります。径15mの円墳で、主体部は凝灰岩の切石で築かれた横穴式石室です。石室は現在、埋め戻されているようです。近くに怪しい石材が露出しています。七世紀中頃の築造です。

木和田窯跡、この20m西にある

多分、この辺か?

石室の残骸?


牛森古墳 【市史跡】

 

 米沢市八幡原四丁目、八幡原工業団地・東北パイオニア北側の川沿いにあります。径8mの円墳で、工業団地造成にともない調査されました。主体部は川原石で築かれた丁字型の横穴式石室です。玄室は奥行き1m、幅3mの楕円形で、羨道は長さ1.5m、内部はかなり狭いです。八世紀後半の築造で、青銅製の帯金具が出土し、被葬者は奈良時代の地方の下級役人だったと推定されます。身分が低くても、この時期に高塚式の古墳を築けるのは、かなり裕福だったと思われます。

工業団地の一画に保存

石室正面

羨道

玄室奥壁

左側壁、楕円形なので奧は狭い

玄門、入室した証拠


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system